トラム・バスコレ道路 ジオラマに設置工事中【Nゲージ敷設工事57】

トラム・バスコレ道路 ジオラマに設置

鉄道模型Nゲージのジオラマとして制作しております「ターンテーブル分割式ジオラマ」の1面(3分割のうちのひとつ)には、トラム(路面電車)と、バスコレの道路を組み合わせた「路面電車ゾーン」を設けることに致しました。
バスコレの道路などは、1年前に購入して、使い道を考えていました。
当初は、街の中に単独で道路をとも考えていたのですが、どうせ、やるのであれば、路面電車と組み合わせようと考えまして、今回、路面電車と道路を、一部だけではありますが、レイアウトの内側の余剰スペースに組み込んでみました。

道路は、もっと、ダイナミックにしたり、クネクネさせたりして、単なる円周にはしたくないのですが、空き広さの関係と、道路パーツが品薄(売れ切れ)で、なかなか手に入りにくいと言う事もあり、簡単な道路づくりになっています。



なお、路面電車(市電)の線路は、途中から専用軌道に出入りすることにしました。
そのため、バスコレの動力にて動かせる道路は、内側のみとしています。
中央が路面電車の軌道で、外側の道路では、バスコレの動力走行はしない設計にしました。

トラム・バスコレ道路 ジオラマに設置

なお、市電は併用軌道が半周でして、途中から、外側道路を渡って、内側に入り、また途中から外に出て行きます。
この「渡り」の部分は、市販品の道路などはないので、仕方なく「自作」です。

でも、トミックスの道路と路面電車の軌道の「高さ」は、6mmなんですよね。
とても中途半端な高さでして、道路を自作するとしても、ちょうど6mmのボードなんて厳しいです。

最初は5mmのスチレンボードと、1mmのスチレンで合計6mmにしようか?とも考えました。
しかし、色々と考えた結果、スチレンボードを5mmにして、その下に、厚さ1mm程度の両面テープで貼って、約6mmにすることに致しました。
それで、バッチシです。



自作道路の塗装ですが、トミックスの道路と、色が合わないと、これがまた、DIY雰囲気満載になってしまいます。
そもそも、素人づくりで、自作道路には隙間ができたり、お恥ずかしいところに、色まで全く異なるのは、さすがに許せません。
そのため、色だけはなんとか合わせたかったのですが、意外にも、いつもコンクリや道路の塗装で使用している、下記の塗料が、なかなか合いました。
100%ぴったり、色が合うと言う事はないので、多少の違いは仕方ないところです。

q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B007CBZ2GC&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=sys0d-22
ホルベイン カラージェッソ詰替用 グレイV-5 A668 300ml

逆に、トミックス道路や軌道面を、この塗料で塗装して、あわせようかとも考えましたが、そこまではしていません。
また、どうしても、自作スチレンと、既存道路や軌道レールとの間に「僅かな隙間」ができてしまいます。
大きな隙間は、タミヤの砂粒入り塗料「情景テクスチャーペイント」のグレー色にて、パテを埋めるような感じで、塗装して穴埋めしています。
乾燥したら、はみ出たり余計な部分は、少し削ったりするか、うまく残して、ウエザリング(汚れ)として残すか、検討してみる予定です。

トラム・バスコレ道路

なお、道路の近くに、機関庫線と市電の合流駅ができてしまっているので、仕方なく、駅前にもスチレンボードで、小さな駅前広場部分を追加しています。

ただ、動力を組み込んだはずの、バスが、どこかにしまい込んでしまったようで、これがまた「行方不明」でして、運行テストができていません。

あとは、レール周辺に設置する建物や、バスコレ道路の内側に「街」を形成する必要があるのですが、ノープランのためか、やる気が、なかなか起きてきていません。
そのため、建物類は、最後になりそうですので、建物が無くても、違和感が生じないように、空き地スペースには、全体にパウダーを撒こうと考えている次第です。

あと、不足している道路のラインは、1mmテープなどで、敷いています。

最新のジオラマ状況は下記の通りです。

分割式ジオラマ工事リスト進捗率cm特徴など
河川に鉄橋モジュール完成60x30通過複線・鉄橋
ガーダー橋モジュール完成60x30通過複線・鉄橋
B)車両基地モジュール3分割仮完成300x60通過4線・操車場
B)300cm増設ボード
仮完成300x30通過4線・車庫線
B)車両基地コーナーA
B)車両基地コーナーB
70%45x45
45x45
通過4線・車庫線1
B)車両基地コーナーC
B)車両基地コーナーD
5%45x45
45x45
通過4線予定
A)転車台モジュール3分割仮完成180x90通過複線・単線など
A)↑転車台増設180cm
転車台左コーナー
仮完成210x30
30x90
通過複線・車庫線
A)コーナー 120cm完成
橋脚式大回り180度複線
A)転車台右コーナー仮完成30x90A)単独運用・共用
B)ミニ遊園地線仮完成空白部遊園地線単独
築堤 じか敷き 3セット70%60x30通過複線 3セット
軽便鉄道ナローゲージ80仮完成60x45単独・単線
平行差30cmずらし堤仮運用変則60複線
自動往復単線5%変則運用単線往復
廃止モジュール (配線)--16ボード運用終了
背景シート「無料配布あり」ジオラマやNゲージ鉄道模型レイアウト用

ターンテーブル(転車台) 分割式ジオラマ工事(4) 進捗70%へ【Nゲージ敷設工事58】
ターンテーブル(転車台) 分割式ジオラマ工事(3) 扇機関庫「電飾化」(調光式)【Nゲージ敷設工事56】
ターンテーブル(転車台) 分割式ジオラマ工事(2) 走行テスト【Nゲージ敷設工事55】
TOMIXターンテーブル KATOターンテーブル 比較・違い
手動ターンテーブル T140-15 TOMIX93543 手動小型の転車台
TOMIX1633 ターンテーブル TCS電動ターンテーブルⅡ N-AT212-15(F)【Nゲージ敷設工事47】

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。