ジオラマ用品

木工ボンド水溶液「ジオラマ用」の作り方(ボンド水とは)Nゲージ

ボンド水溶液の作り方

鉄道模型(Nゲージ)のジオラマで、バラスト・パウダー・砂などを撒いたりする際の固着や、固めたりする際に、どうしても必要となるのが木工ボンドで作るボンド水溶液の接着剤です。
ボンド水、水溶きボンドなどとも呼ぶ場合がありますが、ジオラマ表面の成形用の接着剤として、一部では販売もあります。
しかし、かなりマイナーなため、一般的にボンド水溶液は「自作」する場合が大半となります。

ということで、私も必要に迫られまして「ボンド水溶液」を作りました。
まぁ、作ると申しましても、普通のボンドを水で薄めるだけなのですが、これがまた色々と、慣れていないと水加減が難しい部分もあります。

まず、木工用のボンドですが、セメダインやコニシから発売されている、一般的なボンドでOKです。
当方は、今回、100円ショップにあったものを使用してみました。

木工ボンド水溶液の作り方

要は、水でボンドを薄めた状態にする訳ですが、薄め方の割合は、ボンド1に対して、水が2と言います。

しかし、ボンドには「速乾タイプ」もあります。
速乾用は、要するに、水の割合が少なくて、早く乾きやすいと言う特徴があるのですが、賢い方は、おわかりのとおり、もともと水分が少ないという事は、水の加減も変わってくるわけです。

ボンド水溶液の作り方

よって、一概に、ボンド1で水が2とは言えません。
要するに、ボンドの割合が1で、水が2と言うのは、あくまでも「目安」であり、正確な割合ではないと言えます。
そのため、使用するボンドと量によって異なりますが、どの程度が最適なのかは、最初、ボンド1、水1くらいの気持ちで、少しずつ混ぜて行くと良いかと存じます。
そして、試しに不要な紙(新聞紙)などに、垂らしてみて、水を足していく方法で、濃さを調整すると良いです。

ボンド水溶液の作成方法

水は、最初から目安の割合にするのではなく、手間が掛かっても少しずつ、追加していくのが、うまく作れるコツです。
たこ焼きやお好み焼きのモトを作ると、ダマが発生するように、ボンド原液は、どうしても溶けないタマが出ます。
しかし、まぁ、私の場合には、特に無視してそのままにしています。
別容器に保管していると、2~3日後には、自然と、ダマも溶けてなくなっていることが多いからです。

なお台所用洗剤を数滴入れます。
これは、表面活性剤の役割を期待して、樹木やパウダー・バラストにボンドが弾かれるのを軽減して、隅々まで接着剤を行き渡らせるため、浸透させるためです。
私の場合、たくさん入れる必要は無いと考えており、200ccくらいの水溶液だとしても、数滴で充分です。

ボンド水溶液の作り方

あと、一度に大量に作っても、フタで密閉できる容器になっていれば、作り置きができます。
水で薄めているので、容器の中で、すぐに固まってしまうということはありません。
保管している際の気温にもよりますが、だいた数ヶ月は、持つかと存じます。
ただし、防腐剤でも入っていない限り、水が1滴でもあれば基本的に「腐ります」ので、あまり長い間、保存するのはオススメできません。
例えばですが、目薬やボディーソープ、シャンプーなどの多くにも、水が含まれていますが、腐らないように基本的に「防腐剤」も入っているわけです。

なお、保管している際には、知らない人が誤って飲んでしまう誤飲防止のため、必ず、容器に「ボンド」とマジックなどで記載しておきましょう。
作った自分は、分かっていても、ご家族やお子様はわかりませんので、世の中にて、このような類では「誤飲」が発生しています。
特にペットボトルなどで何らかの液体を保管・保存する場合には、ボンドだけでなく、なんでも細心の注意が必要です。
良く、農薬を飲んでしまったなんて話は、よくありますのでね。



実際に塗る方法(接着させる方法)も色々とあります。

先に水溶液ボンドを塗ったところに、バラストを巻いて、形を調整したあと、最後に上からスポイトで水溶液ボンドを垂らしたり、スプレー(霧吹き)してコーティングする方法・・。
バラストを水溶液ボンドに浸して粘土のような状態にしてから、線路脇にバラストをまく方法。
先に単純にバラストを撒いて、あとから水溶液ボンドをスポイトで垂らす方法など・・。
まぁ、色々とありますので、ご自身でやりやすい方法を見つけるのが一番だと存じます。

ボロボロと落ちる樹木の葉の部分も、ボンド水溶液に浸せば、固定されます。

Nゲージ用の樹木

なお、Nゲージとして列車を走行させる場合、線路(レール)まわりは、接続部分などに接着成分がつきますと、電気が流れなくなってしまう恐れがあります。
そのため、レールの上にもマスキングするのをオススメしますが、つなぎ目は、バラストをまかないと言う判断も必要な場合があるでしょう。
万が一、線路上にボンドが付着してしまった場合には、すぐに拭き取るか、あとから気がついた場合でも、ヤスリなどでボンドを取り除けば大丈夫です。
ただし、できれば、付着しなほうがベストです。

どうして、自分でボンド水溶液を作るのが不安な場合には、市販されている固着剤を使用すると良いです。
下記はモーリンから発売されている模型用固着剤です。


SP-100 スーパーフィックス 100ml

エマルジョン系の模型用固着剤で、浸み込みも良いため、砂・石・バラストの固着に最適です。
変色の心配もほとんどありません。
水で2倍~4倍に薄めて使用します。

以上、ボンド水溶液・ボンド水の作成方法でしたが、もちろん、作り方は人それぞれであり、個人差があります。
ここでご紹介したのは、私の場合ですので、ご参考までにして頂きまして、最終的には自己責任にてお願い申し上げます。

当サイトの「最新」記事リスト早見表
KATOプラスタークロスで山肌を簡単に作る方法
トミックス新製品「ペイントマーカー」TOMIX8008を使ってみた
複線スラブレールDS1120-SL(F)トミックス1070が納入
車両基地構想~2018年3月新発売のTOMIX車両基地セット考察「安く設置する方法」
青空の屋外にてNゲージ鉄道敷設計画プロローグ【屋上鉄道・相模電鉄】
ポニートラス鉄橋 TOMIX3250 苦労して組み立てしてみた
背景シート「無料配布あり」ジオラマやNゲージ鉄道模型レイアウト用
瞬間接着剤~フタがくっつかず最後まで使える優れモノ
川の情景はクリアホルダーで簡単安上がりに作製?
KATOの地上駅舎23-210をトミックスのホームで使う

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」を新規発足させました。今なら初期のメンバーですので、ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 8008ペイントマーカー(レール錆色3色アソート)セット トミックス新製品「ペイントマーカー」TOMIX8008をさっそく…
  2. クリアフォルダーで川を作る 川の情景はクリアホルダーで簡単安上がりに作製?【Nゲージのジオラ…
  3. 駅コレクションSTA001三江線宇都井駅 宇都井駅(三江線)をジオラマで挑むNゲージ 宇都井駅寸法など
  4. トンネルを作る(Nゲージ) トンネル+立体交差A情景工事1 お手軽制作準備編【Nゲージ敷設工…
  5. ポニートラス鉄橋 ポニートラス鉄橋 TOMIX3250 苦労して組み立てしてみた
  6. KATOの地上駅舎23-210をトミックスホームに合わせる KATOの地上駅舎23-210をトミックスのホームで使えるよう加…
  7. Nゲージ分割式レイアウトボード「自作DIY」 Nゲージ分割式レイアウトボード「自作DIY」準備する木材と必要な…
  8. Nゲージレイアウトの背景データ 背景シート「無料配布あり」ジオラマやNゲージ鉄道模型レイアウト用…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

TMC-400 保線用モーターカー
  1. 青梅鉄道公園
  2. TOMIX92147 国鉄キハ17形ディーゼルカーセット Nゲージ
  3. 岩肌を作って色を塗る・Nゲージジオラマ
  4. 近鉄特急「アーバンライナー」
  5. 箱根登山鉄道 2000形 サン モリッツ号 アレグラ塗装 セット TOMIX98006
  6. えちごトキめき鉄道ET127系

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

人気ブログをblogramで分析

スポンサーリンク



PAGE TOP