新幹線グリーン車「フットレスト」 靴は脱ぐの? 足置きの使い方

新幹線グリーン車「フットレスト」

新幹線グリーン車や、一部の特急グリーン車などにある「フットレスト」(足置き)の正しい使い方を明記しておきたいと存じます。
電車のフットレストですが、実際には「靴のまま」足を乗せてよい面と、「靴を脱いで」靴下などの状態で足を乗せてよい面(土足禁止)の2面(裏・表)ある場合が多いです。
例えば新幹線のグリーン車の座席にあるフットレストで解説してみたいと思います。



フットレスト、足を乗せる面ですが、床のカーペットと「同じ模様」(同じ材質)の時には、土足のまま(靴を履いたまま)使います。
床の上を靴のまま歩くのと同じです。
そのため、フットレストのシート部分(布部分)も、同じものを使っています。

新幹線グリーン車「フットレスト」

ただし、フットレストをひっくり返した場合(展開された時)には、下記の写真のように、床とは異なる模様の布になっています。
すなわち、床とは違う模様ですので、靴を脱いだ状態で使用するのが、正しい利用方法になるようです。

新幹線グリーン車「フットレスト」

このように、床のカーペットと、同じ素材が使われている時には、靴のままフットレストを使い、違う面では、靴を脱ぐと言うのが正式となります。

ただし、マナーにも注意したいところです。
靴を脱げは、足の解放感があり、ラクなのですが、隣の座席にいる方は、不快に思うかもしれません。
それは、足の匂いが「臭い」場合があるからです。
ご自身が男性の場合、隣が女性だったときには、靴は脱がないほうが良いかも知れません。

余談ですが、

新幹線の電源コンセント

しかし、コンセントは、窓側の人専用と言う事ではなく、隣の座席の人(窓側以外の人)にも使用権があります。
これは、JR東海などの運行会社も同様の見解です。
要するに共用の電源ですので、使用する場合には、お隣の方に「電源使う時は、声をかけてください」などと、配慮して頂けると良いかと存じます。



ただし、東海道新幹線のグリーン車(N700系グリーン車)の場合、座席ごとに、コンセントが個別にありますので、大丈夫です。
2020年頃から順次導入される、N700S系の場合、普通車でも全座席にモバイル電源用のコンセントが用意されます。
なお、新幹線の電源は、出力がたったの2Aしかありませんので、スマートフォンを使いながら、満充電を目指すことは困難です。
ノートPCや、スマホのバッテリー残量を減らすのを防止できる程度とご理解頂けると良いかと存じます。

最後にですが、スマホなどを洗面所に忘れたりしないよう、どうぞ、お気を付けで下車して頂ければと存じます。

鉄道模型Nゲージ「はじめてみよう」最初の選択や購入で失敗しない方法
特急「ひたち」「ときわ」新型車両チケットレス乗り方
特急「あずさ」「かいじ」新型車両チケットレス乗り方
新しい新幹線IC乗車サービス2020年 注意点まとめ
トクだ値の乗り越し精算は?区間外乗車の方法 JR東日本「えきねっと」
東京駅 新幹線改札 スイカ・パスモから新幹線への乗り継ぎ方法解説
新横浜駅 新幹線改札 横浜市内の乗車券 乗り継ぎ

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。