車両基地ジオラマ 分割式モジュール計画(2)【Nゲージ敷設工事50】

車両基地ジオラマ 3分割式

鉄道模型Nゲージのジオラマですが、本線2線にプラスして「車両基地」を備えたジオラマ・モジュールの制作記録の2回目です。
何度も設計変更していますが、スペースを最大限いかすべく、再度設計変更してみました。
その結果、車庫線の一部を延長することができました。
ただ、設計変更だけで3時間・4時間と、レールを合わせるのに、パソコンとにらめっこですので、大変です。



設計変更

10両 3線 → 10両1線
11両 0線 → 11両3線
12両 4線 → 12両1線
13両 2線 → 13両2線
14両 3線 → 15両5線
16両 1線 → 17両1線
渡り線1線13両 → 14両
—————–
合計 本線2線、車庫線14線、渡り線1線
合計ポイント数 2分岐X11ポイント + 3分岐X2ポイント = 合計13ポイント
※下記の画像はパソコン画面など大きな画面でクリックすると拡大致します。



何度かご紹介していますが、レイアウトの設計ソフトはアメリカ人が作った「SCARM」と言う有料ソフトにて鉄道模型レイアウト設計を行っています。
SCARMは、KATOレール、TOMIXレールにも対応しているのは良いのですが、ターンテーブルの部品がソフトに無いのは、少し残念なところです。

車両基地ジオラマ設計

今のところ、最大で17両編成が停車可能ですが、中間ボードを追加することで、長さはもっと延長できるので拡張性を持たせています。
本当でしたら、16両編成をもっと停車できるようにしたいところですが、現状でボード長さが3m45cmもありまして、これ以上長くするのは保管や設置スペースの問題でなかなか困難です。

レール配置も、このカーブレールで曲がれるか?など、試行錯誤のため、将来的には人工知能で、最適な状況をAIが考えてくれたりすると、とてもラクになり、時間短縮にもなると思います。



ともあれ、一部の線路を長く取るため、ポイントの配置を改善して、一部ではありますが、長さを出しました。
その結果、在来線の16両が止まれる車庫線が、17両編成でも大丈夫になりましたので、1線だけにはなりそうですが、新幹線も止められるようになりそうです。
その他の車庫線でも、一部は長さを更に延長することに成功しました。
ただ、計算が面倒なので、実際に、何両編成がどれくらい止められるか、全体像までは確認していません。

車両基地ジオラマ制作

このように、とにかく、増やしました。
小田急ロマンスカーも最大8編成くらいでしたら、並べた状態の車庫情景ができそうです。
14線の車庫線があれば、相模原鉄道模型クラブでの運転会でも、概ねひとり1線に、常時滞留させることができる計算です。
正直、それ以上は無理なので、参加メンバーが多い時は、ご勘弁願います。



あと、引き込み線を長くしまして、車庫線と車庫線の入れ替えもできるようにします。
なお、両端側の2~3線は、リレーラーを使って車両をセットしやすいように、車線間隔はトミックス標準の37mmにしており、狭めていません。
そのため、車庫内の線路で、他の車庫線に移動させて、次の方がまたセットできると言う状況を作り出します。
よって、車両基地専用のパワーユニットを追加して運用し、まだ、最大何両編成可能になるか不明ですが、多少なりの長さの車両であれば、本線はそのまま走らせたまま、車庫内にて単独入れ替えできるように致します。
ただし、16両の入り代えまではスペースの関係で無理ですして、今のところ、推測で、6両程度の入れ替えが限界かと考えております。
もちろん、分割式ボード追加すれば、延長(拡張)は可能ですし、中間ボードを外せば、短くすることも可能ですが、拡張はキリがないですし、今後の課題です。

なお、現状として13個のポイントが必要でして、コーナーボードの先で本線と車庫線が合流するポイントも含めると14ポイントになります。
そのため、電気の方向が分かるLED方向版をいくつかセットして、車庫のエンドレールは、どの線路に通電しているのが、ひとめでわかるLEDエンドレールにする予定です。
そうしないと、電動ポイントの操作も、手さぐりになってしまいますのでね。
もちろん、ギャップレールと、コントローラー(パワーユニット)も単独で必要となるわけです。



更に、本線とのポイント分岐は、必ずスプリングになる向きにして、脱線防止を図ります。
とにかく、本線は、スムーズに走行できる環境にしないと、脱線の度に手間暇かかり、面倒になりますのでね。
これは、運転会では、中古など様々な車両が走るため、私も、学んだところです。
本物の鉄道でも、脱線しないのは第一条件と言えるでしょう。
と言う事で、レールの仮置きをしたのが下記の状態です。
※画像はパソコン画面(大きな画面)でクリックすると拡大致します。

車両基地ジオラマ 3分割式

この設計を第1期工事として、足りないレールの調達を行っています。
ポイントは予備がかなりありますので、1つの追加発注で済みそうですが、レールの多くがたりませんでした。
また、複線の幅が狭い方法を車庫線の多くで採用しましたので、トミックスのワイドPCレールの、片方がないタイプのレールも大量に必要となります。
例えば、エンドレール(TOMIX1423)だけで合計14個1万円を超えて参ります。
しかも、店舗にしてもAmazonにしても、1回で14個、まとまった在庫がないので、入手するのも時間がかかります。
そして、下記のように、ほとんど隙間なく、車庫になるように設計しています。

車両基地のジオラマ制作

まだ、一部のレールが足りず、代用していますので、すべて程度そろったら、実際にレールを再度配置してみて、ボードの接続箇所の確認や、更に足りないレールの確認へ進めたいと存じます。
そうそう、エンドレールの終わりの部分ですが、鉄道模型ですが、車庫線によって、微妙に長さがズレて、エンドが合わないジオラマが多いと存じます。
そのエンドは、ビシッと全部、あうように挑戦したいと存じます。

下記は最新の進捗状況です。

分割式ジオラマ工事リスト進捗率cm特徴など
JAM出展10分割式ジオラマ販売中180x120 4線(地上2、高架2)
クラブモジュール見本用完成60x30通過複線・対面式駅
河川に鉄橋モジュール完成60x30通過複線・鉄橋
ガーダー橋モジュール完成60x30通過複線・鉄橋
車両基地モジュール3分割80%300x60通過複線・操車場
転車台モジュール3分割仮完成180x90通過複線・単独単線1+1・バスコレ
車庫線接続用コーナー40%75x45通過複線・車庫線
コーナーモジュールB5%45x45通過複線
コーナーモジュールC5%45x45通過複線
コーナーモジュールD5%45x45通過複線
標準モジュールA-15%60x30通過複線
遊園地線モジュール50%60x80遊園地線単独
築堤 じか敷き 3セット70%60x30通過複線 3セット
軽便鉄道ナローゲージ80仮完成60x45単独・単線
車両基地増設線(高架)0%270x15高架車庫線
廃止モジュール--3ボード運用終了
10分割式「鉄道模型」ジオラマ 180cm x 120cm 上下複線 4線 日本全国配送料無料 販売中

バスコレ走行システム ジオラマに組み込むことを検討【Nゲージ敷設工事51】
車両基地ジオラマ 分割式モジュール計画(1)【Nゲージ敷設工事49】
鉄橋を大きな河川に「簡単」モジュール 長さ60cm 【Nゲージ敷設工事48】
TOMIX1633 ターンテーブル TCS電動ターンテーブルⅡ N-AT212-15(F)【Nゲージ敷設工事47】
手動ターンテーブル T140-15 TOMIX93543 手動小型の転車台
TOMIXターンテーブル KATOターンテーブル 比較・違い

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。