メンバー様による運転会などの企画・立案について (相模原鉄道模型クラブ)

相模原でNゲージの運転会

相模原鉄道模型クラブにおいて、メンバー様が、運転会などの企画・立案する場合の、指針として下記の通りご案内申し上げます。

相模原鉄道模型クラブの活動は、メンバー様がそれぞれ企画・立案して、実施するクラブです。
高田の企画としては、年に2~3回を目安に、立案して、その都度、参加者さまを募集させて頂く予定です。
それ以外に、メンバー様ご自身でも、企画し、クラブの中で参加者を募集することが可能です。
例えば、平日しかお休みが取れない方でも、ご自身で都合が良い日程で設定・募集することが可能です。
クラブの中にて募集する際には、下記の事項などにご配慮を賜りますと幸いです。

企画・立案

相模原鉄道模型クラブでは、メンバー様主催により運転会などの企画が可能です。

・会場を借り切っての運転会(走行会)
・レンタルレイアウトでの運転会
・自宅ジオラマでの運転会にご招待
・鉄道博物館などでの見学会
・鉄道の撮影会
・鉄道への乗車会
・他団体様などとの共同開催
・その他

危険が伴う催しや、法律に違反する恐れがある内容は、禁止させて頂きます。
メンバー同士で移動が伴う催しでは、必ず「国内旅行保険」(300円程度から)を各自の責任にて加入のうえ、ご参加願います。
なお、参加者募集には、Facebookグループのイベント告知ページなどもご使用頂けます。

レンタル会場などを貸切して、運転会・走行会を実施する場合には、2とおりございます。
クラブが団体登録している相模原市内の公共施設の予約が必要な場合には、高田までご相談頂ければ、予約手続きなど対応させて頂きます。
相模原市内すべての公民館などの予約が可能です。
※予約時の会場利用料などは、一時、全額の立替えをお願い申し上げます。
※基本的に予約が取りにくい(満室気味の)ため、ご希望の日にちの予約が取れる可能性は低いです。
※皆様、お住まいの自治体にて団体登録される場合には、ご相談頂ければ、できる限りご支援させて頂きます。
相模原以外などの会場で開催したい場合には、各メンバー様にて予約手続き・お支払い手続きをお願い申し上げます。

レンタルレイアウトでの運転会、どこかにみんなで行く内容、電車などへの乗車会なども主催可能です。
主催メンバー様にて企画立案と予約・募集をお願い申し上げます。
キャンセル料が掛かるような場合には、事前に告知するなど、トラブル防止にご配慮願います。

企画内容

募集できる状態の説明が完成しましたら、まだ、告知せず、まずは、高田までお知らせ願います。
念のため、問題が無いか、内容をチェックさせて頂きます。
立案者様から直接Facebookグループに投稿して募集することも可能です。
実施日は、アンケートを取っても良いですし、企画自体、みんなが興味あるか、事前にアンケートを取られても良いですし、アイデア次第です。
立案もメンバー様どおしで共同で対応されても良いでしょう。
自分がみんなとやってみたいことに対して募集するのもありです。
高田に案内内容を送信して頂ければ、クラブのサイトなどで告知することも可能です。
Facebookグループの中にて、イベントページを立ち上げて頂いても構いません。

企画・立案する際の注意点

事故・トラブル・ケガなどが生じても、クラブでは一切の責任を負いかねます。
各自の自己責任にて、企画立案、またご参加を賜りますと幸いです。
キケンが伴う内容、安全対策が取れられていない状況は禁止です。

会場の利用料・電気代・空調代など、必要な経費に関して、参加者にご負担頂く際には、可能な限り必要最小限に留めるようご配慮賜りますと幸いです。
場合によっては、主催者さまが赤字や差額のご負担が必要な場合もありますこと、ご確認申し上げます。

鉄道模型の運転会・走行会に関しては、Nゲージ専門としていますので、クラブとしては、Nゲージ線路が含まれない運転会の企画はご紹介できません。
※NゲージとHOがある、Nゲージとプラレールがあるなどは可能

運転会など、交代でなにか行う場合には、できる限り、参加者全員が平等に運転・走行できますよう、ご配慮を賜りますと幸いです。
100%公平にと言うのは無理だと存じますが、可能な限りご尽力願います。
また、トラブル防止に、ご配慮も賜りますようお願い申しげます。

参加者どうしで移動が伴う企画(鉄道旅行・観光など)の場合には、参加者全員が「旅行保険」に加入した状態でお願い申し上げます。
例えば、途中で集合して、電車で現地まで集団で移動するような場合には、必ず国内旅行保険にご加入願います。
国内旅行保険であれば、1日200円~500円程度であります。
集合場所から誰かのクルマで10分以上など移動するようなケースでは、必ず旅行保険にもご加入願います。
なお、個人情報保護のため、加入は、可能な限り参加者さまが独自で加入する方法にて企画して頂けますと幸いです。
※現地集合・現地解散の場合には、旅行保険加入は必須ではありません。

他のメンバー様が企画・立案した会合・集まりの中で、何かやりたいことなどがある場合には、事前に立案者様にご相談のうえ、お願い申し上げます。
当日に何か特別な事をしたくても、スケジュール的に無理が生じたり、無理な事ですとせっかくご準備頂いても、できないことがありますので、必ず事前に立案者に相談・了解を得たうえで、お願いできますと幸いです。

以上は、相模原鉄道模型クラブにて、参加者を募集する企画・立案の場合における指針です。
個人的に、メンバー様とメンバー様が2人で何かをするなど、クラブにて参加者を募らない場合は、上記は関係ありません。

あと、個人的な事ですので、大変失礼ながら、念のため記載させて頂きますが、高田の場合、出張も多いため、だいたい4ヶ月先くらいまでは予定が埋まっております。
よって、数ヶ月以内に開催と言う企画の場合には、高田は都合がつかない場合が多々ございますので、ご容赦願います。
高田の出席が前提になる場合には、日程を調整致しますので、告知前にご相談頂けますと幸いです。
※高田の出席がなくても良い場合には、ご自由に日程、お決めください。

自分がやっみたいことなどがある場合には、基本的に、ご自身で企画して、ご賛同者がいれば、ご参加頂く形の方が、行いやすいと言うところもあります。
平日開催は特にそうです。
もちろん、事前に高田にご相談頂いても構いません。
ぜひ、企画もなさってみて頂けますと幸いです。

KATOレールによる「集合式モジュール」

高田主催では、TOMIX(トミックス)レールを使用した集合式モジュール規格を打ち出させて頂いておりますが、いつも、趣旨にご理解・ご協力を賜りまして、深く御礼を申し上げます。
お陰様で、メンバー様も増えまして、運転会ご参加者が、少しずつ増えてくることが予想されます。
そのため、輸送力増強のため「線路数」を増やして、皆様が、同時に、運転できる線路を「拡大」させて行く必要性があると存じております。
複線のTOMIXモジュールは皆様のご尽力により、増えていますので、今後、島(グループ)を増やすことで、2線から4線、6線といったように、運転会での「集合」を「増加」(分割)させる方針です。

しかし、会場のテーブル数など、設置スペースは無限ではありませんので、設置できるグループ数も限界があります。
よって、KATOの新規格においては、最初から1台のボードにて、複々線(4線)、もしくは、6線の確保ができると、今後、有効かなと考えております。
例えばですが、一番奥の線路を「高架」にするなどで、新幹線専用の線路にするなどの、情景対応もできると、よりバリエーションも広がります。
また、奥の複線を高架・築堤にすることで、地上線との兼ね合いで、高架駅の設置なども可能だと存じます。

1枚のボードに、線路数が増えますと、「駅・ホーム」「車両基地」などは、設置が難しくなりますが、ボードの拡張(奥への縦幅を2倍にするなど)で、なんとか対応も可能です。
※手前に、標準より、拡張させる場合、ボードがはみ出すと、ボードがテーブルから、はみ出てしまうため、奥に、はみ出る必要があります。(奥も2倍・3倍が限界値)
また、新幹線は無理せず、単に複線で行くのであれば、KATOの「T-TRAK」を使用して、T-TRAKジオラマコンテストに毎年出展も可能にすると言う方法も良いかと存じます。

このように、色々なパターンが模索できますが、当初は、高田の方でKATOジオラマのクラブ規格を考えても良いと思いました。
しかし、下記のような理由から、高田は、KATOモジュールの主導を行わない事に致しました。

・高田が考えると、皆様のアイデアによる、多様性が失われる恐れがあるため
・高田主催の場合、TOMIX集合式モジュール主体(トミックス支部)の運転会となってしまうため
※KATOモジュール主体の運転会の開催が(相模原でも、相模原以外であっても)別途開催されると良いと考えるため (全体の運転会開催が増えるなどの効果が期待できる)

極端な話ですが、KATOモジュールは、別に、相模原鉄道模型クラブの支部としてではなく、別の独立団体にして頂いて、提携しても、おもしろそうです。
という事で、KATOレールによる、クラブ規格を考案・主導して頂ける、メンバー様が、現れることを、期待しております。

他メンバー様に、迷惑がかかるような事がなければ、基本的に、内容は、すべてお任せ致します。(ご相談は喜んで応じますが、線路数以外の口出しは、あまりしないように致します。)
※私も、KATO規格で、ジオラマは製作させて頂きます。

音頭のメンバー立候補 → KATOモジュールのクラブ規格制定 → 規格発表
※規格発表を、当方サイトに掲載する場合には、高田の方で編集作業させて頂くことも可能です。

KATO支部を率いるメンバー様が、現れない場合には、高田主催と致しましては、KATOモジュールは断念する予定で、高田主催では、今後、トミックスモジュールの拡大にて、線路数の増加を目指します。

提携など

上記では「クラブ内」での企画や支部などに関して、ご案内申し上げました。
しかし、別に、クラブの中で、行って下さいと、こだわっている訳ではありません。
例えば、別途、クラブとは別の組織をお作り頂いて、当クラブと「提携」ということでも、ぜんぜん、問題ありません。
乗りテツ専門のクラブを、別途、お作り頂いても構いません。
極端な話、ラジコンが好きなのであれば、鉄道模型の趣旨とは、外れますので、別途、ラジンコのサークルがあって、お互いに連携できるところは、提携しましょうと言う事でも大丈夫です。
もちろん、ご相談に応じます。

皆様の積極的な取り組みに期待しつつ、引き続き、どうぞ、ご協力賜りますと幸いです。
ご質問があれば遠慮なく、Facebookグループ内に、ご投稿願います。(^-^)

最新活動予定&連絡事項のまとめ
過去の運転会の模様
JAM国際鉄道模型コンベンション出展の協力スタッフ募集など
当サイトの「最新」記事リスト早見表

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。