その他

鉄道模型Nゲージ「はじめてみよう」最初の選択や購入で失敗しない方法

初めてのNゲージ

レール選びのポイント

これから初めてNゲージの鉄道模型を購入したいとお考えの皆様に向けに、最初に失敗しない方法を記載したいと存じます。
日本の場合、鉄道模型Nゲージの「線路」を製造しているメーカーは、TOMIX(トミックス)と、KATO(関水金属)の2社があります。

トミックスは、プラレールなども手がけている「トミー」の子会社・トミックスが運営しています。
KATO(カトー)はもともと彫刻系の会社ですが、アメリカでKATOは「ケイトゥ」と呼ばれることが多いです。

走行させる車両(電車)だけを製造していますと言うメーカーは、他にグリーンマックス、マイクロエース、ハセガワのモデモなどがあります。
また、かつては、エンドウなど他にもメーカーがありましたが倒産しています。

ここでは「線路」に関してですので、日本での選択肢としては、KATOかトミックスのレールをどちらかで選んで、レールは集めていくと言う形になります。
線路の高さ(地上高)と、つなぎ目の構造が、トミックスはトミックス、カトーはカトーとそれぞれ独自の規格であるため、トミックスの線路にカトーの線路を繋げるというのは避けるべきとなります。



ただし、最近は、トミックスで他社製レールと接続できる線路も発売されましたので、厳密に申し上げますと、繋げられます。
しかし、メーカーによって線路の長さが違うため、グルっと一周するようなエンドレス・レイアウトなどにした場合、どこかで接続できなくなる恐れがあります。

それぞれの特徴を記載してみました。

KATOとTOMIXの線路はどちらが安いのか?

まずは、どちらのメーカーのものが安いのかを検証してみました。

カトーのNゲージ用レール「ユニトラック」の「直線レール」の基本は、長さ248mmで、4本セットが定価720円(税別)です。
カーブの基本315Rのカーブレールで4本が720円(税別)となります。

トミックスのNゲージ用「直線レール」の基本は、長さ280mmで、4本セットが定価800円(税別)です。
カーブレールの317Rは4本で800円(税別)となります。

単純に直線レールでの建設費として計算致しますと、直線1000mm(100cm、1m)の長さで、カトーは726円、TOMIXは714円と、若干だけトミックスの方が安いです。
ただし、10mの長さに換算したとしても、その差は120円くらいですので、どちらのレールにしても価格・費用に大差はありません。

コントローラー

Nゲージは、レールに家庭用コンセントから電気を流して、モーター車に電力を供給することで走行します。
そのため、レールを敷いて鉄道模型の車両を走行させるのには、コントローラー(制御機器)が必要となります。
そして、コントローラーからレールに電気を流す線(コード)も必要となります。
正確に申し上げますと、制御機器と制御機器からレールに電気を供給するフィーダーが必要です。

トミックスのパワーユニットは、TCSパワーユニットN-600で実勢価格3900円(税込)です。
KATOのパワーパック・スタンダード S 22-012は、実勢価格3100円(税込)くらいで、若干、カトーの方が安いです。
フィーダーは、それぞれ実勢価格500円~600円程度でしょうか?

まぁ、実際には制御装置も色々とありますので、一概に比較はできません。

初めてのスターターキット

初めてNゲージを開始する場合には、最初は「スターターキット」をまずは購入してみるのをオススメ致します。
基本的には最低限のものがセットになっているとお考え願います。

TOMIXで始める場合にオススメなのは下記です。

品番90095
DF200 100形Nゲージ鉄道模型ファーストセット


TOMIX DF200 100形 Nゲージ鉄道模型ファーストセット 90095 入門セット

上記のセットは走らせる車両とコントローラーなど、必要なものが最低限含まれていますので、これだけあれば、とりあえずNゲージの運転を楽しめます。

ただし、このファーストキットに付属されているコントローラーは、電圧が低いものですので、今後、長い編成の車両を走行させる場合には、パワー不足は懸念されるため、将来的には別の制御機器を購入することになります。
そのため、もし、ご予算があるのであれば、下記の組み合わせで、最初から性能が良いコントローラーのセットを購入して、車両は自分の好きなものを別途購入しても良いかと存じます。


TOMIX マイプラン NR-PC F レールパターンA+B 90950 レールセット

上記のレールセットには車両が付属していませんので、プラスして、別途好きな車両を購入すると良いです。
車両はついてませんが、そのほか、最初に鉄道模型を走行・運転させるのに必要なものはすべて含まれています。
TCSパワーユニットN-DU101-CLのコントローラーも、単体で購入すると、定価12800円するものです。
このN-DU101-CL(品番5517)ですと、車両の室内灯がある場合には、停車していても点灯させることができ、また、本物の電車のようにゆっくり走り始めて、ゆっくりと停車すると言う動作ができるコントローラーですので、長く使えます。

トミックスとカトーの良し悪し

ここでは、トミックス・カトーのそれぞれのメリット・デメリットを説明したいと存じます。
個人的な感想ですので、ご参考までにお願い申し上げます。

トミックスの複線設置は、複線間隔37mmが基本となります。
トミックスの基本レール(ワイド以外)は、もともと土台(道床)が37mm幅ですので、3本隙間なく並べて、真ん中の一本を抜くと、ちょうどトミックスの複線幅となります。
これに対して、KATOの場合の複線は、複線レールの場合、幅が33mmとトミックスより狭くなります。
狭いということは、実際の鉄道により近く、すれ違いのときなどの臨場感は増しますが、KATOの場合、レールの道床(土台)が広いので、ポイントの分岐部分には特殊な線路を繋がなくてはなりません。
なお、KATOには「フレキシブレール」と言うものがあります。本物のレールのように、自由にカーブ半径を作ったりして固定されたR(半径)にとらわれず、自由にレールを敷けるものです。
TOMIXのレールには、このようにフレキシブレールはないので、固定された長さ・半径などのレールを駆使して、レイアウト構成にする必要があります。
ただし、数センチの範囲で長さをスライド調節できるバリアブルレールが、トミックス・カトーの両方にありますので、なんとかなります。

ポイントの種類は、トミックスではRが違うタイプや、カーブポイントなどもあり、KATOより豊富ですので、レイアウトのバリエーションは増えます。

KATOの場合、レールに電源を供給する為の線路は、専用のフィーダー線路を線路と線路の間に設置する必要があります。
ただし、TOMIXは、ほとんどのり通常の真ん中あたりに、フィーダー接続が可能となっているため、レイアウトを組む際に、フィーダー位置を考える必要が無いので、初心者に適しています。
また、TOMIXのほうがレールの種類も、カトーより豊富です。

趣味のものですので、高価・高いと言う印象があるかも知れませんが、レールも車両も、中古市場としても人気があるため、不用品となった場合には、ネット・オークションなどで売ることで、かなりの元手を回収することもできます。
そのため、大切に使って頂くことをオススメ申し上げます。

カトーの説明
トミックスの説明

トミックスのレールでKATOの車両も走行可能

レールの規格はNゲージ(9mmゲージ)として共通ですので、例えばトミックスのレールにて、KATOなど他社の車両を走行させることができます。
コントローラーによる操作も、制御機器がトミックスで、走らせる車両はKATOでも、電圧などは同じなので、原則として問題ありません。
逆に、KATOのレールの上にてトミックスやグリーンマックス・マイクロエースなどの電車の運転を楽しむこともできますので、このように車両は基本的にどのNゲージでも走行可能です。

安く買うコツ

やはり安く買うコツは「安い店を見つける」と言うことに尽きます。
Nゲージの場合、ジョーシン電機などでも取扱いがありますが、だいたいのお店は20%割引で売ることが多いです。
もっと安いお店だと車両などは30%割引というところもありますが、こんなに割引しますと、実情からするとお店の利益はもう数%しかないですね。
でも、競争も激しいため、だいぶ値引きしなくては売れないと言う実情があるようです。
私が実践している格安購入方法、すなわち「安く買う方法」としては、Amazon(アマゾン)を駆使する方法です。
通常売られているレールや、車両などは、アマゾンが結構「安い」です。
見るだけでしたら無料ですので、騙されたと思って一度見て頂ければと存じます。

レール類は既存のお店で購入しても20%割り引きですので、アマゾンでの販売価格が20%以上の割引になっていれば、もう買いです。
ただし、アマゾンのデメリットは、比較的安いNゲージ商品、500円、600円程度の品になってくると、販売されていなかったり、逆にお店で買う20%よりも割高になる場合があることです。
その辺りは、お店に買いに行く時間と交通費などを考慮して、アマゾンか既存のお店か、どっちで買ったほうが得なのか?の判断になってくるかと存じます。
なお、Nゲージは新製品の場合、過剰生産は絶対にしないので、すぐに売れ切れになるケースがあります。
もちろん、人気度にもよるのですが、あとでゆっくり買おうなんて思っていたら、すでにメーカー在庫も無くなっていたなんてことがあります。
そのため、買おうと思ったら、買っておかないと、後悔することが多くなりますので、注意しましょう。

Nゲージとは

そもそも、Nゲージと呼ばれる理由・由縁ですが、これは「線路の幅」から来ています。
軌間9mmの線路幅の鉄道模型は「N」規格と呼ばれ、軌間(ゲージ)の事ですので、Nゲージとなり、日本で最も普及している規格となります。
よって、レールも車両(列車)も、Nゲージのサイズのものでないと、走行できません。
日本のお店などでは、HOゲージと言って、軌間16.5mmと少し大きな規格の車両も販売されていることがありますが、HOゲージのものは、Nゲージでは走らせられません。(逆にもNゲージは、HOゲージダメ)
最近は、Zゲージと言い、更にサイズが小さな軌間6.5mmのスケールもあります。
なお、Nゲージは、9mmゲージと呼ぶこともあります。
Nゲージの場合、車両などは150/1スケールですが、新幹線は160/1になることが多いです。



まとめ

はじめてNゲージをやってみたいと言う方向けに、まとめますと下記のような感じになります。

・TOMIXとKATOのレールは混ぜて使用できない。(原則として)
・レールと電源(パワーパック・パワーユニット・コントローラーなど)は、レールと同じメーカーの物を使う。(原則として)
・電車・車両は、どのメーカーのNゲージ車両でも、走らせることができる。
・Amazonの方が実店舗に行くより安く購入できる場合がある。
・不要となったらネットオークションなどで売れば結構な値段で売れる。

ということで、最初にレールなどのセットを購入する前に、カトーにするのか、トミックスにするのかを決めていく必要性があります。
どちらがオススメなのか?、わからないことなどは、下記のコメント欄より、ご希望のスタイルをご質問など賜れば、ご回答も可能です。

青空の屋外にてNゲージ鉄道敷設計画プロローグ【屋上鉄道・相模電鉄】
背景シート「無料配布あり」ジオラマやNゲージ鉄道模型レイアウト用
当サイトの「最新」記事リスト早見表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」を新規発足させました。今なら初期のメンバーですので、ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. トミックスのNゲージ新発売情報 トミックス「新製品情報」2018年8月のNゲージ新発売予定
  2. E4系新幹線「Maxとき」 Nゲージの新幹線16両編成、勾配やホームの必要な長さなど【Nゲー…
  3. トミックスのNゲージ新発売情報 トミックス「新製品情報」2018年5月のNゲージ新発売予定
  4. 電車や列車の効果音・発車ベル「アプリ」 Nゲージにも使える電車や列車の効果音・発車ベル「アプリ」ベスト6…
  5. 相模電鉄 空想「相武鉄道2018」概要~創立から【相模電鉄物語】
  6. トミックスのNゲージ新発売情報 トミックス「新製品情報」2018年6月のNゲージ新発売予定
  7. トミックスのNゲージ新発売情報 トミックス「新製品情報」2018年7月のNゲージ新発売予定
  8. Nゲージ「関東の私鉄・JR・国鉄」車両「新発売情報」 Nゲージ「関東」の私鉄・JR・国鉄車両「新製品情報」2018年(…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スタイロフォーム
  1. 東急池上線
  2. Nゲージ敷設工事
  3. TMC-400 保線用モーターカー
  4. 車両基地レール延長部を使用した機関区
  5. 橋の完成(Nゲージのジオラマ)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

人気ブログをblogramで分析

スポンサーリンク



PAGE TOP