鉄道模型レイアウト

原鉄道模型博物館 世界一とも言える圧巻のジオラマ

原鉄道模型博物館

神奈川県横浜市にある原鉄道模型博物館(はらてつどうもけい-はくぶつかん)さんを訪問させて頂きました。
世界的に著名な鉄道模型作家・鉄道模型収集家として知られる、故・原信太郎(はら-のぶたろう)さんが所有する約6000両のうち、約1000両が展示されています。

私の場合、鉄道模型と申しましても、日本で一番ポピュラーなNゲージ(線路9mm幅)です。
そのため、原さんが中心に作ったり収集なさっていたOゲージ(軌間=32mm)は、大きいため、これまであまり興味はありませんでした。
Oゲージを中心に6000両も収集したり作ったりするのは、もはや、超お金持ちでないと無理です。
制作するにしても時間が掛かりますので、365日働いている私から見れば、すごい道楽に思えます。



しかし、同じ鉄道模型には違いありませんので、その精巧な作りやアイデアを参考にしたく、今回訪れました。

原鉄道模型博物館さんに入館して、進んでいくと後半にジオラマが待っています。
室内施設としては世界最大級となる「いちばんテツモパークジオラマ」と言う1番ゲージ(軌間45mmの線路)があり実際に鉄道が走行しています。
やはりスケールも大きいので、とてもリアルです。

原鉄道模型博物館

時間がたつと、夕方から夜へ。
そして朝を迎えるように、照明にも変化があります。

原鉄道模型博物館

機関庫も素晴らしいですね。
しかし、規模が大きいので、清掃(メンテナンス)はどのようにしているのでしょうか?

原鉄道模型博物館

山は「島」のようになっていて、通路がありメンテなどを行いやすく工夫されています。
参考になりますね。

原鉄道模型博物館

ただし、1番ゲージはヨーロッパ風と申しましょうか、和のイメージは皆無です。
私もヨーロッパは14ヶ国、周ったことがありますが、鉄道模型はやはり日本が良いので、そのあたりも私の好みではありません。
とは申しましても、これだけ世界最大級の展示が、この日本で拝見できるとはとても幸せな事だと感じました。

より実感できる動画も撮影してみましたので、よければご覧頂けますと幸いです。

下記はNゲージですが、横浜の山の手が再現されています。

原鉄道模型博物館

と言う事で、原鉄道模型博物館、まだ行った事が無いと言う方にはお勧めです。
鉄道マニアでなくても、ぜんぜん楽しめるテーマパークでした。

原鉄道模型博物館 超リアルな鉄道模型を横浜駅から徒歩5分で
アトリエminamo・ジオラマギャラリー(町田)の箱庭登山鉄道線
横浜市電保存館 遥か昔に思いをはせる路面電車

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」を新規発足させました。今なら初期のメンバーですので、ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 屋上鉄道・相模電鉄 青空の屋外・野外にてNゲージ鉄道敷設計画プロローグ(構想)【屋上…
  2. Nゲージ「城跡」トンネル+立体交差の情景 トンネル+立体交差A情景工事5「城跡」ができた(完成編)【Nゲー…
  3. トンネル+立体交差 トンネル+立体交差A情景工事3 山を作る編【Nゲージ敷設工事17…
  4. ローカル駅常設工事5 お手軽レイアウト踏切と信号設置【Nゲージ敷…
  5. Nゲージ敷設工事 メインホーム敷設準備【Nゲージ敷設工事1】
  6. 車両基地 車両基地構想~2019年1月再生産予定のTOMIX車両基地セット…
  7. Nゲージ複線 ローカル駅常設工事&直線レール「板」常設工事追加【Nゲージ敷設工…
  8. 築提ホームとその下にある駅舎を作ってみる(完成)【Nゲージ敷設工…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

C56-144
  1. 車両基地
  2. 直線トンネルに使えそうな発泡スチロールU字溝
  3. TOMIX「四季島」
  4. JR北海道「釧網本線」のJRキハ54 500番代
  5. ダンボールで畑を作る(Nゲージのジオラマ)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

スポンサーリンク



PAGE TOP