バラストの撒き方 鉄道模型Nゲージ ポイント周りなど【自己流】

バラストの撒き方

鉄道模型の線路にバラストを撒くやり方で、私が独自に行ってい方法をご紹介したいと存じます。
最初に申し上げますが、メンテナンス性や、鉄道模型の車両の走行性を重視するのであれば、道床がついている、トミックスやカトーのレールだけを使って、バラストは撒かないほうが良いです。
ただし、情景を優先する場合には、レールを塗装して、バラストを撒くと言うことになります。
個人的には、バラストは撒かない派なのですが、軽便鉄道のジオラマを制作した際のデータも使って、レールにバラストを撒く簡単な方法をご紹介させて頂きます。



レールじたいの塗装方法は下記にてご紹介しています。

簡単レールの塗装方法簡単レールの塗装方法

基本的には先にレールを塗装したあとに、バラストを撒く行程に入ったほうが良いです。
あとからレール塗装すると、撒いた粒が筆やペンなどについてしまい、うまく塗装できなくなります。

さて、レールに塗装したあと、バラストを撒く訳ですが、はじめて、バラスト撒きに挑戦される場合には、余っているレールにて、1度でも良いので「練習」することをオススメ申し上げます。
ぶっつけ本番ですと、色々と落とし穴が待っています。

まず、バラストの選択ですが、Nゲージの場合、スケールも小さいので、やはり「細目」のバラストが良いです。
HOゲージでしたら、そんなに気にする必要がないのですが、出来る限り粒が小さいバラストが良いでしょう。
少し大きめの粒ですと、石ころの大きさに違和感が出てしまいます。



一般的に知られているバラストの巻き方からご紹介してみます。

(1)バラストを撒く
※電動ポイント付近への巻き方は後半にてご紹介しています。

基本的には、線路と線路の間の部分(枕木)のところは、まかないか、撒いても薄くできると良いです。
当方の軽便鉄道では、線路がだいぶ地面に埋もれている感を出したかったので、線路の間にも撒いていますが、撒いたらまいたで、走行性を問題なくするのが、大変な作業となります。
線路わきにはタップリ目に撒いても良いでしょう。

(2)水に食器洗い用の中性洗剤を数滴いれて「活性界面剤」が入っている水を、撒いたバラストに浸します。
※スプレーボトルから噴射する場合には、できる限り離して、スプレーしないと、風力でバラストが飛んでしまいます。

(3)濡れたところに、ボンド水溶液(作り方はこちら)を、スポイトで垂らして固着させます。
※スポイトは大きな水滴をこぼさずに、小さめの水滴でチョチョチョッとできると、デコボコになりにくくなります。

(4)24時間以上乾燥させたあと、ボードから固定されなかった砂を取り除いて、穴が開いている個所などに、今一度、バラストを固着させます。

(5)エアーブラシを使って、レールやバラスト付近に、塗装する場合もありますが、私は、そこまでしないことが多いです。(面倒な事がキライなので)

(5)レールに付着してしまった、バラストやボンドを取り除いて、走行テストします。
レールの塗装レールの塗装にてご説明している塗装の除き方をご参照願います。

(6)走行テストの結果、ひっかかる箇所は、ニッパーでバラストをカットしたり、ピンセットなどで取り除いたりします。
※これが、かなり地道な作業でして、レイアウトが大きいと、とても大変です。



ポイント周りの注意

トミックスやカトーなど「電動ポイント」の部分にバラストを撒く際には、通電障害にならないよう、注意が必要です。
水でのスプレーや、ボンド水溶液は、粘着度が低いので、流れやすいです。
その水溶液などが、ポイント(分岐)の駆動部分や、電動装置の部分に進入してしまいますと、通電や稼働の障害になり、動かなくなってしまいます。
そのため、一般的には、ポイント周りにはバラストを撒きません。
でも、少しでもバラストをポイント付近に撒く際の工夫として、私の場合には「のり」を使ってバラストを固着させています。
レールにのりがつくと、あとから取るのは大変なので、先に、マスキングすることが多いです。

ポイントにバラストを撒く

小学校などの工作でもおなじみの「ヤマト糊」です。
価格も高くないので、出費もそんなに負担にはなりません。
粘度が高いので、ポイントの底部に、のりが浸透してしまうことを大きく軽減できます。
ハケ・ワリバシなどを使って、ポイント近くに糊をつけて、その上から、バラストやパウダーを撒けば、あとは固まるのを待つだけです。

バラストの巻き方・ポイント

薄く塗りたい場合には、のりにバラストを混ぜてから、ハケなどて塗っても良いでしょう。
もちろん、駆動部に糊がついてしまうと、ポイントが動かなくなりますので、駆動部は空白にするなどしてください。

ポイント保護のバラスト撒き方

のりは安いので、ぜいたくに使っちゃいましょう。
ただし、たっぷり糊を使う場合(のりに厚みがある場合)には、のりは乾燥すると収縮します。
そのため、のりを塗った地面も高さが低くなり、多少、デコボコも発生します。
よって、厚くのりを塗る場合には、事前に、パウダーを糊に混ぜた状態で使うと、収縮の度合いも減ります。
可能であれば、パテや紙粘土などでも良いので、穴や溝がある場合には先にある程度埋めてから使えると良いです。
薄く塗る場合には、そんなに影響はでません。



こんな感じですが、作業時間的には、バラストを撒く時間よりも、乾燥したあとに、線路にて運行障害になる、粒を取り除く作業のほうが、時間がかかると言う印象です。
もちろん、私のやり方が、ヘタクソと言う事もあるでしょうが、やはり技術向上には「慣れ」は必要です。

簡単レールの塗装方法 レール側面の塗料や用品は?
トミックス新製品「ペイントマーカー」TOMIX8008
100円の巻ダンボールでレイアウト用の「畑」を作る
川の情景はクリアホルダーで簡単作成?

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。