ジオラマ用品

Nゲージ分割式レイアウトボード「自作DIY」準備する木材と必要な道具など(失敗しない方法)

Nゲージ分割式レイアウトボード「自作DIY」

鉄道ジオラマ教室にて先生より賜りました助言を受けて、下記の通り分割式レイアウトの構想を変更致しました。

当初は、コストや保管スペース省力化のため、単にMDF板のペラでのレイアウト(ジオラマ)にと考えていました。
MDFは湿気を吸うと言うのも承知しています。
しかし、やはり「木材」の反り対策として、土台の部分もきちんとした方が良いと指摘を受けまして、追加投資・追加対策することに致しました。

順序が正しくありませんが、ある程度完成しているレイアウト(ジオラマ)の板に、後付で、枠組み(土台)と申しましょうか、角材補強をすることに致しました。
色々とやってみてわかったこともありますので、これからボードを自作する方のために「失敗しない方法」としても明記させて頂こうと存じます。

当方のレイアウトボードは、30cmX60cmでして、これが現在16枚あります。

これに補強する木材となりますが、長さ60cmの角材が32本、長さ約25cm程度の角材も32本必要な計算です。



当方は補強をあとから行いました。
本来は、ジオラマ制作前の段階でボードの補強も完了しておくとベストです。
なお、ボードを強化する意義は、鉄道模型を「長い間」使えるようにするため、すぐに使い物にならないことにならないように、補強すると言うことになります。

必要な木材の量もさることながら、金額も相当になりそうでしたので、単純にTOMIXのコンビネーションボードA(品番8013)を16枚、購入して、新たにジオラマをゼロからやり直そうとも考えました。
ただ、昔は1500円だったと思うのですが、価格改定があったようで、今は2000円するんですよね。
1枚が・・。

ジオラマの先生曰く、木の材料は、なんでも良い。
ただし、補強したとしても、多少はソルというお話でしたので、気をわずに、カインズホームにて一番安い角材(棒材)の桐集成角を選択致しました。

当方の集合式レイアウトの場合、寸法は、太さが30mm(3cm)x24mm(2.4cm)の角材でして、長さは60cmと25cmが必要です。

桐集成角は重さも、軽いと言う印象でしたので、決定です。
カインズホームでは合計で8000円程度の出費となりました。
これに付随してボードの高さが高くなるため、ボードを使わない部分の「水平橋脚」もかなり必要となりますので、プラス3000円くらいは覚悟です。
工具も追加で電動ドリルなど揃えると、それだけの金額も必要ですので、それらのことを考えますと、市販されているTOMIXのボードを買ってしまった方が、ラクで早いと思います。

長さ25cmのサイズはさすがに既成品が販売されていませんので、182cmのものを「木材カット」サービスを利用して、切ってもらいました。
本来であれば、正確には、25cmではなく、25.4cmの長さが必要です。
しかし、カットじたい数ミリの誤差はでますし、場合によってはポイントなどの配線するのを考慮して、あえて24.5cmの長さにして、隙間は配線を通せるようにと考えました。
1820mmの角材は、5本購入で、合計1990円(税込)でした。
カットの料金は、約36カットで、合計140円(税込)でしたので、かなり安かったです。
コーナンで以前、カットしてもらった際には、ワンカット30円でしたので、カインズのお姉さん、計算、正しかったのかな?と今でも心配になってしまいます。

600mm長さの角材は、カットなどせず、そのままボードに使えると考えて、市販品をそのまま使用することにしました。
しかし、32本、在庫が無いんですよね。
当然と言えば、当然ですが、取り寄せとなりました。
こちらは合計で4000円くらいです。

という事で、揃えた木材は下記の写真のとおりです。
結構な量になっています。
長さにしますと、約27メートル分です。

レイアウトボード自作

購入したあとに分かったのですが、問題なのは、おんなじサイズの桐集成角を購入したにもかかわらず、もともとのカット状態じたいが正確性は無いようです。
上記で30mmX24mmと記載しましたが、全部がぜんぶ、そのサイズにはなっていないのです。
ひとつは微妙に薄かったり、厚かったりとマチマチなのです。
こればかりは、仕方ないと、諦めました。

ボードとボードをあわせた際には、モジュールを補強していても、少しは反ったりするでしょうから、こればかりは許容範囲として考えるしか無いと思っています。

当方の材料としては、復習になりますが、ボードはMDF板、100円ショップのダイソーで販売している、30cmX60cm(厚さ0.6cm)の210円(税込)商品でして、これが現時点で16枚あります。

MDFボード

これに、今回、準備した角材で補強していきます。

固定には、ボンドなどで接着させたうえで、ネジで固定すると言うのがベストです。
しかし、当方のは湿気(水分)を吸いやすい、MDFのため、ボンドを吸うと板が曲がります。
このように当方はMDFのため、控えて両面テープで貼りました。

レイアウトボード自作

そして、ネジで四隅を固定します。
なお、釘で固定するのは、よろしくないそうです。
釘は、抜けてしまいますので、結局はソル結果にもなりかねません。

私の場合は、MDFにしてしまいましたが、あまり加工せずに、そのまま使えるお好みのサイズずあれば、ボードは薄めのベニア板が良いです。

電動ドリルで、ネジを入れ込みました。
大昔に購入していたナショナルの電動ドリルドライバーがあったのですが、ネジ8本も打つと、バッテリー切れとへばって、作業が中断してしまうことに・・。
おまけにACアダプターが、どっかにいってしまって、充電できない・・。
効率が悪いので、バッテリーではない100V電源のを新調しました。
お金ばかりかかります。


高儀 EARTH MAN AC100V ドリル&ドライバー DDR-120

もし、ドリルを1本も持っていないと言うことであれば、ドリルもセットになっている下記のコードレスが良いかもしれません。
USBで充電できますので、ACアダプターを紛失しても、困ることはないでしょう。


ZENKE 電動ドライバーセット 充電式 12本ビット 3本ツイストドリル コードレス

角材は、その「幅」(サイズ)が揃っていないため、できる限り同じサイズになっている角材をチョイスして、それぞれのボードに用いています。
ただ、市販・既成品の60cm角材が、なんと60cmより数ミリ長いんですよね。

はみ出ている

これだったら、わざわざ60cmの32本ではなく、長い棒のを、単純に60cmの長さでカットしてもらった方がよかったかもしれません。

実際問題、機械でカットしたとしても、木材を正確な長さで切ると言うのはなかなか困難な話ですので、多少の誤差があるのは当たり前だと思います。
でも、60cm未満だとクレームになることからか?、既成品がみんな60cmより長いのです。
それに対してMDFはピッタリ60cmですしね。

せっかく、補強材は60cmでそのまま無加工で使おうと思っていた目論見が大きくハズレてしまいました。
ホームセンターのDIYコーナーに持ち込んで、自分でカットしようかと思いましたが、今後、自宅でも色々と使うことがあるだろうと「ノコギリ」も別途購入することに・・。
なんだかんだで、結局道具も色々と揃えることになりまして、出費がかさみました。

ただ、これらの工具類の購入費を含めても、トミックスの市販ボードを購入するよりは、半額程度で済んでいますので、費用的には抑えられていると思います。
時間は、もちろん、費やすことになってしまいましたが・・。

はみ出る部分を下記のように約30本、すべてカットしました。

はみ出る部分をノコギリでカット

でも、最近の鋸(のこぎり)は性能が良いので、力をあまり入れなくても、スライドさせるだけで難なくカットできました
そして、角材とボードは、電動ドリルを使用して、ネジを固定させます。

ドリルで固定

製作途中の分割式レイアウトボードにも、角材を固定させていきます。

レイアウトボード自作

これで、モジュール方式のレイアウトボード(60cmx30cm)が約16枚完成しました。
土台の角材には少し、あえて「隙間」を設けまして、ポイントのコードなどを通せるようにしてあります。

レイアウトボード自作

こんな試行錯誤状態ですが、これからレイアウトのボードを自作させる方には、少しはご参考になったかと存じます。

あとは、側面を茶色で塗装するくらいですが、疲れてしまったので、塗装はまたこんど行う次第です。

ちなみに、ホームセンターでは、電動ドリルの1週間レンタルなどもありますので、そのようなレンタル工具を利用する手もあります。
もちろん、現地で木材を購入して工作室を利用する分には無料です。

あと、最後で構いませんが、ボードの底に「ゴム足」をつけてください。
当方が使用しているゴム足は下記のタイプです。


GRESATEK 戸当たりクッション ソフトクッション キズ防止 衝撃音防止 滑り止め 緩衝材 100個 (丸型)

もちろん、滑るのを防ぐためですが、分割式のため、レイアウト・セットした際に、ボードが「ズレて」しまいますと、レール損傷など致命的な場合になることがあります。
このゴム足があるとないとでは、滑り具合、ぜんぜん違ってきます。



忘備録

ダイソー
MDF 厚さ6mm
カインズホーム
桐集成角30mmx24mm 長さ600mm、910mm、1820mm
角材カット(30cmの部分)24.5cm
コーナン
再はく離一般用両面テープ 厚さ0.16mm
Amazon
ゴム足

当サイトの「最新」記事リスト早見表
青空の屋外にてNゲージ鉄道敷設計画プロローグ【屋上鉄道・相模電鉄】
直線トンネルに使えそうな発泡スチロールU字溝【Nゲージ・ジオラマ案】
KATOプラスタークロスで山肌を簡単に作る方法
トミックス新製品「ペイントマーカー」TOMIX8008をさっそく使ってみた
川の情景はクリアホルダーで簡単作成?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」を新規発足させました。今なら初期のメンバーですので、ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 直線トンネルに使えそうな発泡スチロールU字溝 直線トンネルに使えそうな発泡スチロールU字溝【Nゲージ・アイデア…
  2. クリアフォルダーで川を作る 川の情景はクリアホルダーで簡単安上がりに作製?【Nゲージのジオラ…
  3. ポニートラス鉄橋 ポニートラス鉄橋 TOMIX3250 苦労して組み立てしてみた
  4. レイアウト簡単資材 ローカル駅常設工事の続き-3 レイアウト簡単資材調達【Nゲージ敷…
  5. KATOプラスタークロス KATOプラスタークロスで山肌を簡単に作る方法【Nゲージのジオラ…
  6. トンネルを作る(Nゲージ) トンネル+立体交差A情景工事1 お手軽制作準備編【Nゲージ敷設工…
  7. 駅コレクションSTA001三江線宇都井駅 宇都井駅(三江線)をジオラマで挑むNゲージ 宇都井駅寸法など
  8. KATOの地上駅舎23-210をトミックスホームに合わせる KATOの地上駅舎23-210をトミックスのホームで使えるよう加…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Nゲージ「関東の私鉄・JR・国鉄」車両「新発売情報」
  1. 新橋駅のSL広場
  2. 宮ヶ瀬ダム・インクライン
  3. クリアフォルダーで川を作る
  4. 橋の完成(Nゲージのジオラマ)
  5. E4系新幹線「Maxとき」
  6. TMC-400 保線用モーターカー

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

人気ブログをblogramで分析

スポンサーリンク



PAGE TOP