鉄道模型「ジオラマボードの自作」DIY~お勧めの木材は?

ジオラマボードの自作

鉄道模型のジオラマにおける、レイアウトボード・ジオラマボード・木製パネルの自作方法・作り方・素材の選び方です。
初歩的な事ですので、はじめて、ジオラマを作り出すような方への解説内容になります。
できる限り、分かりやすく、記載したいと存じます。

ジオラマボードの自作

まず、ジオラマのボードを、木材の板を買って、自作する場合ですが、必ず「補強」すると良いです。
板は、ベニア板など、なんでも良いのですが、木材の場合には、数ヶ月もたつと、塗装の水分や湿気を吸って「そって」来ます。
購入時には、まっ平らな板でも、日本は湿度が高いため、湿気を吸い、だんだん「反って」、平らではなくなってきます。
そのため、板の底面に、角材を巡らすなどして「補強」しておくと良いです。

例えば、TOMIXから発売されているジオラマボード(木製パネル)などは、ただの板ではなく、必ず、底面が、角材にて、補強されていますが、このような理由があるためです。

補強したら、絶対に、曲がらないと言う事ではないのですが、大きく曲がってしまうのを、軽減しやすい言う事になります。
補強しておくことによって、長期間、ジオラマを使えます。

角材の固定には「ネジ」をお使いください。
釘(くぎ)は、基本的に差し込んだだけですので、圧力が強く加わると、抜けてくることがあります。
ネジで固定すると、非常に抜けにくいため、長く、ジオラマを使えることにも、繋がります。

もし、ジオラマを設置するテーブルの代用として、何か、考える必要がある場合には、下記のような「イレクターパイプ」も、一考です。

様々なタイプのジョイントもありますので、色々な形・サイズを作れます。
テーブルではない土台を作り、空いているボード下空間も、有効活用できるでしょう。



なお、イレクターパイプも、太さが3種類くらい、あったりしますので、購入時には、各パーツのサイズなど、よくお確かめ願います。

スタイロフォームも良い

木材ボードの話に戻りますが、個人的には、木材は使わず「スタイロフォーム」(高密度の発泡スチロール)を、レイアウトのボードにお使いになることを、オススメ申し上げます。
木材より強度は落ちますが、軽いですし、設置する面(テーブルなど)が、まっ平らであれば、スタイロ・フォームでも、問題ありません。
ただし、厚さ4cmのスタイロがお勧めです。(薄いと、しなりやすい)
購入時には、サイズにご注意願います。(下記は一例です。)

もともとは、断熱材として、家屋の壁と壁の間に使う用途の建築材です。
厚みがある分、音を通しにくいと言うこともありますので、車両を走行させたときに、下の階などに、走行音が、響きにくいと言う利点もあります。
特に、屋根裏(屋根裏部屋)やロフトなどに設置する場合には、下への騒音軽減としても有効になります。
木材だと、ノコギリなどの道具が必要になったりしますが、スタイロは、きちんとした、カッター刃であれば、サクサク切れますので、好きなサイズに、加工しやすいと言う利便性もあります。
小さいカッターなどを使って、少し、地面を掘り下げて、川や、池を作ると言う加工も、やろうと思えば、可能です。(造形は、なるべく、早い段階が良いですが)
もし、スタイロが余った場合には、加工しやすいので、山を作るための素材としても、有効活用できます。
木材と違って、虫がわく心配は皆無ですし、湿気にも強いので、カビる恐れも軽減できます。
また、木材は、廃棄する際に、またノコギリで切ったり、粗大ごみで出したりと大変ですが、スタイロフォームは、カッターで切れますので、捨てる際にも、小さくしやすく、ラクラクです。
大きめのホームセンターの資材売場にて、販売されています。
1820mm x 910mm が通常の販売サイズで、だいたい、たたみ1畳分の大きさです。
厚さは、2.5cm、3cm、4cm、5cmの4種類くらいで売られていることが多いです。

もし、ボードの接地面(底面)が、水平を保てない場合には、スタイロの下には、木材の板と補強材を入れて、薄めのスタイロを乗せても良いでしょう。
その場合、スタイロと土台の木材は、接着せずに、スタイロを乗せるだけにすれば、あとで、ジオラマ全体を作り直す場合にも、土台は、そのまま使えます。
ジオラマ作り、実際に、初めて頂ければ、実感して頂けると存じますが、あとで、色々と、アイデアを思いついたりしますので、色々と、変更したりすることが、多くなります。
そのため、変更しやすい状態にしておくのも、良いです。

電動ポイントや、フィーダーの配線、センサーの配線などを、スタイロの下に通す予定がある場合ですが、まず、スタイロは、穴を開けやすいので、配線の穴をあけるのが、とてもラクです。
鉛筆などで、軽く差せば、1秒で、小さな穴が空きます。
間違えて開けても、穴をふさぐのは、大変ではありません。(開いた際のスタイロくずを、グイッと差し込めば良い)
ただ、底に出した、配線を通すスペース(空間)が必要です。



底の配線に関しては、厚さ1cmのスチレンボード(ザ・スリムなど)を「板状」にカットして「スノコ」のように、厚さ4cmのスタイロの底面に、薄い両面テープ固定すれば、そのスノコの隙間にて、配線を通せます。
両面テープを使うのは、あとで、板の場所変更が行いやすい(はがしやすい)ためです。
薄い両面テープで「はがれる」タイプを使うと良いでしょう。
水性ボンドでも固定できますが、きっちり固定されてしまうので、修正が困難になります。
このようにスタイロを使えば、ネジや釘は不要です。
合計の高さが5cmになければ、Nゲージの高架橋のレール高さに近いので、あとあと都合が良い面も生まれやすいです。

ただし、ジオラマを、クローゼットや部屋の隅に「立てかけて」保管したり、横にしたり、天井から吊り下げるなどの場合には、スタイロ単体では強度が足りません。
1週間くらいは大丈夫でも、数ヶ月すると、重力に負けて「しなって」変形したと言う事になりかねません。
水平保管が困難な場合には、スタイロは使わず、木材ボードに補強した状態の木製ボードが良いです。

スタイロフォームに塗装する場合は、水性アクリル絵具で大丈夫です。
表面が、結構、ザラザラしていますので、暗めの茶色・濃い緑・灰色などで、塗装するだけでも、情景としての地面に、なかなか、良い状態になってしまいます。
ただし、スラっとした木面に塗装するより、塗料の量は、結構、消費します。

当方では、固定式レイアウトではなく、収納にも便利で、展示会や運転会などに持ち運びもできる「分割式ボード」にて、ジオラマを製作しております。
分割式ですと、設置・組み立てに時間を要するのが、難点ですが、拡張性などの自由度にも、優れています。
特に、あとで、川のモジュールを追加したりするのは、分割式のほうが、圧倒的に作りやすいです。
ご興味のある方は、下記もご覧頂けますと幸いです。

分割式ジオラマボードの自作方法はこちら

素材や保管ケースなどは、100円ショップの安いものでも構いません。
しかし、塗料・筆・カッター刃・定規(モノサシ)などの道具類は、100円ショップではなく、しっかりしたものをご用意されることを、オススメ申し上げます。
特に「カッターの刃」は、注意が必要でして、黒刃など、良い物が、断然、良いです。
プロの作家さんなどは、そのあたり、よくわかっており、良い道具を使えば、完成状態も、良くなると言う事を、理解していますので、はやり、うまい訳です。

スタイロフォームは、加工しやすいのですが、定規を当てても、まっすぐ、垂直にカッターで切るのは、なかなか困難です。
そんな場合には、下記の道具が、オススメです。

道具類に関しては、下記でも少しご説明していますので、よければ、ご羅頂けますと幸いです。

鉄道模型ジオラマ制作に向いている素材・道具などのご紹介【初心者向け】

線路の固定

なお、スタイロを使った場合、レールの固定には、薄い両面テープを使います。
剥がせるタイプの両面テープであれば、レール交換(設計変更)も、行いやすいです。
木材ボードにした場合でも、線路の固定に「釘」は使わないほうが良いですが、これも、経験者が語るです。
前述したとおり、クギは、差しただけですので、抜けやすいです。
クギが、抜けかかった状態の、線路に、車両が激突する様子を、想像してみてください。
木製ボードでも、両面テープで、レールや建物などを固定することを、オススメ申し上げます。



以上ですが、長く楽しむ場合には、土台やボード、そしてジオラマは「頑丈」であることが、一番です。
安いからと、薄い素材を選択するような事だけは、避けると良いでしょう。
良い鉄道模型ライフをお送りいただけることを、願っております。

Nゲージ分割式レイアウトボード「自作DIY」
木工ボンド水溶液「ジオラマ用」の作り方(ボンド水とは)Nゲージ
バラストの撒き方 鉄道模型Nゲージ ポイント周りなど
カーブのトンネル・直線のトンネル「簡単素材」ご紹介【鉄道模型ジオラマ】
Nゲージ鉄道模型レイアウト用背景(当方オリジナル)無料配布あり
相模原鉄道模型クラブ「入会案内」

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。