展示車両

幾寅駅 映画「鉄道員」(ぽっぽや)の幌舞駅 2度と列車が来ない駅 キャスト一覧も

幾寅駅

幾寅駅(いくとらえき)は、北海道空知郡南富良野町幾寅にあるJR北海道・根室本線の駅です。
歴史は古く、1902年(明治35年)に、北海道官設鉄道の十勝線(根室本線)ができた際に開業しました。
先代の駅舎は火災で焼失し、現在の駅舎は1933年(昭和8年)に再建されたものがベースです。
かつては急行「狩勝」も停車する駅でしたが、2003年には無人駅となりました。



1999年には、浅田次郎さん原作の映画『鉄道員(ぽっぽや)』のロケ地として、駅舎や駅前が映画のセット状態となりました。

鉄道員(ぽっぽや)の幌舞駅

鉄道員(ぽっぽや)は、鉄道員として愚直に、そして不器用に生きた佐藤乙松の、心の底の悔恨と最期の奇跡が心に沁みる作品です。
主演の高倉健さん(乙松)が、廃止寸前ローカル線の駅長を務める「幌舞駅」として撮影が行われました。

鉄道員(ぽっぽや)

映画の中では、石炭輸送路線の終端駅の「幌舞駅」(ほろまい-えき)として登場しています。
なんでも、現役である幾寅駅の駅舎を、更に古く見せる改造が施して、撮影したとのことです。

幌舞駅

その映画にて、キハ12形 23 として登場したキハ40 764号気動車(ぽっぽや号)の前頭部が、現在の幾寅駅の脇に設置・保存されています。

キハ12形 23 として登場したキハ40 764号気動車

また、駅舎の中は自由に立ち入ることができ、待合室には映画撮影関連の展示や、出演者のサインなどもありました。
駅前の広場には、食堂や床屋などロケで使われた建物がまだ残っていました。

下記は、鉄道員(ぽっぽや)の床屋さん。

鉄道員(ぽっぽや)の床屋さん

鉄道員(ぽっぽや)の食堂。

鉄道員(ぽっぽや)の食堂

他にも映画で使われたセットがまだ残っていました。

鉄道員(ぽっぽや)のセット

下記はロケで建てられたトイレのセットですが、建物などは駅舎と気動車以外、内部は立入禁止です。

鉄道員(ぽっぽや)のセット

鉄道員(ぽっぽや)は、その年の日本アカデミー賞にて、最優秀賞9部門を受賞したと言う名作らしいです。
別に、てっちゃんでもないので、映画見たことないため、見なくてはと、時間を作りたいと存じます。

鉄道員(ぽっぽや)

ちなみに、2016年8月31日の台風10号による大雨で土砂崩れが発生し、根室本線の東鹿越駅~新得駅間が不通となっています。
JR北海道は、多額な復旧費用が掛かることから、単独での復旧工事を断念しており、現時点では、バス代行輸送となっています。

根室本線の東鹿越駅~新得駅間が不通

もう、鉄道がとおることなく、このまま廃線となる可能性が濃厚な状態です。

幾寅駅

訪れるファンのためか、駅名も幾寅ではなく「幌舞」の看板になっています。
映画を知らない人や、外国人が来たら、大きな間違いに発展しそうな気が・・。

幌舞駅

なお、駅舎からは階段を上がって「ホーム」まで立ち入ることが可能となっています。

幌舞駅

展示エリアなどは、朝9時~17時の公開のようです。
入場料などは無料です。



ただし、もう、列車が走ることもないであろう線路は、寂しい限りでした。

幾寅駅

幾寅駅(幌舞駅)への交通アクセス・行き方ですが、車の場合、まぁ、駅を目指せばOKです。



駐車場はありませんが、駅前広場が広いので、止められます。
ただし、代行バスも駅に来ますので、ヘンな止め方をしないよう、ご注意願います。

幾寅駅の場所は当方のオリジナル地図にてポイントしてあります。

映画「鉄道員(ぽっぽや)」の出演者・キャスト一覧

※敬称略

佐藤乙松~鉄道員一筋の駅長
–高倉健

佐藤静枝~乙松とともに駅を支えた妻
–大竹しのぶ

佐藤雪子~生まれてすぐに亡くなった娘と同じ名前の少女
–山田さくや(幼少時)・谷口紗耶香(小学校6年生)・広末涼子(高校生)

杉浦仙次~乙松の同僚
–小林稔侍

杉浦明子~仙次の妻
–田中好子

杉浦秀男~仙次と明子の長男
–吉岡秀隆

杉浦由美~秀男の妻
–大沢さやか

吉岡肇~期間工の炭坑夫
–志村けん

吉岡敏行~肇の長男。
–松崎駿司(小学生)→養子に行き加藤敏行:安藤政信

加藤ムネ~だるま食堂の女将
–奈良岡朋子

飯田~幌舞線の運転士
–中本賢

神居古潭公園(函館本線旧線・神居古潭駅跡)SL展示3台あり
小樽市総合博物館 北海道の鉄道発祥の地 展示車両の宝庫 アイアンホース号も
道の駅あぴら「D51ステーション」
北海道の観光に便利なオリジナル地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」ではメンバー様を募集致しております。ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 小樽市総合博物館 小樽市総合博物館 北海道の鉄道発祥の地 展示車両の宝庫 アイアン…
  2. C11 217 C11 217 蒸気機関車C11形が高岡城跡に
  3. 広島電鉄750形769号 広島電鉄750形769号が宮崎の串間駅に
  4. 横浜市電 横浜市電保存館 遥か昔に思いをはせる路面電車
  5. 神居古潭駅のホーム 神居古潭公園(函館本線旧線・神居古潭駅跡)SL展示3台あり
  6. 東武博物館 鉄道模型や東武鉄道を120%楽しめる屋内施設
  7. 花巻電鉄デハ3 馬面電車 花巻電鉄デハ3 細長い軽便鉄道
  8. 土居原ボンネット広場 土居原ボンネット広場 小松市 489系電車クハ489-501

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

南阿蘇鉄道 トロッコ列車
  1. 屋上でNゲージ
  2. Nゲージ・ジオラマ「岩山」作り方
  3. ジオラマ
  4. TOMIX91043 高架複線階層駅セット(レールパターンHB-B)
  5. 直線トンネルに使えそうな発泡スチロールU字溝
  6. クリアフォルダーで川を作る

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

スポンサーリンク



PAGE TOP