展示車両

雄勝鉄道「デハ3号車両保存庫」旧雄勝線電車庫

デハ3号車両保存庫~旧雄勝線電車庫

秋田県湯沢市と雄勝郡羽後町を結んでいた羽後交通雄勝線、昔の名称は雄勝鉄道(おがちてつどう)と言う湯沢地方のローカル線がありました。
奥羽本線の湯沢駅を起点に、全長11.7km、8駅の電化単線でした。
1928年(昭和3年)の開通しましたが、当初から経営は厳しく、電気代の未払いで、肝心の電気が止められることもあったと言います。

最後の2年間は、電車を辞めて、ディーゼル機関車で客車をひっぱっていたと言うユニークな鉄道ですが、1973年(昭和48年)4月1日に全線廃線となりました。



その雄勝鉄道で使用されていた電車「デハ3号」が、旧雄勝線電車庫に静態保管されています。
羽後交通雄勝線の終点になっていた「梺駅」(ふもと駅)の跡地にあります。
日本の3大盆踊りとされる、国指定重要無形民俗文化財「西馬音内盆踊り」の郷でもあります。

完全に建物の中で保管されており、状態は良いみたいです。
この雄勝鉄道「デハ3号車両保存庫」の内部を見学する場合は二、前日までに町役場(羽後町企画商工課)に「予約」する必要があります。
そうすると、町の職員さんがやってきてくれて、当日の約束時間にカギを開けて頂けます。
もちろん、地方公務員さんですので、開館して頂けるのは、平日の朝9時~17時までに限られています。

予約先は下記の説明をご参照願います。

旧雄勝線電車庫

今回、何時にたどり着けるか、事前にわからなかったので、予約はせずに、閉まっているのを覚悟で訪問してみました。
もちろん、閉ざされていましたが、跡地だけに、かつての信号機「腕木式信号機」が残っておりました。
これだけでも、旅情があります。

デハ3号車両保存庫~旧雄勝線電車庫

内部の様子などを撮影された方が動画をUPなさっておられましたので、共有表示させて頂きます。

ちなみに、愛知県の犬山城近くにある明治村で現役の蒸気機関車12号又はSL9号がけん引している客車が3両あります。
明治に製造された客車で「ハフ11」「ハフ13」「ハフ14」と言いますが、この3両はすべて、ココ、雄勝鉄道から譲渡されたとのことです。

なお、デハ3号車両保存庫の手前に5台ほどの駐車スペースはあります。

由利高原鉄道「ゆりてつ」YR-2000形気動車(YR-2001)
三陸鉄道リアス線 非電化3セクでは日本一の163km

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」ではメンバー様を募集致しております。ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 下吉田駅ブルートレインテラス 下吉田駅ブルートレインテラス 富士急行線の鉄道公園
  2. 花巻電鉄デハ3 馬面電車 花巻電鉄デハ3 細長い軽便鉄道
  3. 新津鉄道資料館 新津鉄道資料館 新幹線とSLが並んでいる新潟市立の鉄道博物館
  4. クロフォード公園 クロフォード公園 北海道の幌内太駅舎(三笠駅)跡 車掌車ヨ800…
  5. 銚子電鉄の終点「戸川駅」 銚子電鉄の終点「戸川駅」はトミーテック建物コレクション駅Aだった…
  6. 8600形蒸気機関車48647 8600形蒸気機関車48647 高千穂鉄道TR-300形気動車「…
  7. 加悦SL広場 加悦SL広場 明治初期の貴重な蒸気機関車は国の重要文化財
  8. 蒸気機関車D52 235号 相模原「鹿沼公園」にある蒸気機関車D52形 汽笛やブレーキ開放音…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

スポンサーリンク



PAGE TOP