由利高原鉄道「ゆりてつ」YR-2000形気動車(YR-2001)鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」

由利高原鉄道

秋田県の由利高原鉄道(ゆりこうげん-てつどう)です。
昔の国鉄・矢島線(やじません)でして、1985年(昭和60年)10月1日から、鳥海山ろく線として第三セクターにて運営されており、全線が由利本荘市内を通っています。
高原鉄道と言う名がついていますが、そんなに標高が高いところを走っている訳でなく、なだらかな、子吉川に沿うような形で、JR羽越本線に接続している羽後本荘駅から矢島駅までの全長23km(所要約40分)の営業となっています。
駅数は全部で12駅、全線非電化・単線となります。



すべて各駅停車しかなく、ワンマン運転にて、1日14往復ほどの運行になっているようです。
年間7000万円を超える慢性的な赤字で、2011年には社長を「公募」し、新たな風やアイデアを吹き込んでいるようです。
下記の車両は由利高原鉄道YR-2000形気動車(YR2001号車)で、カラーデザインは、鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」になっています。

由利高原鉄道YR-2000形気動車

由利高原鉄道YR-2000形気動車(YR-2001)を撮影できたのは、由利高原鉄道・鳥海山ろく線の終点「矢島駅」です。
駅舎は下記のような近代的な雰囲気でした。

矢島駅

鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」には、乗車していませんので、車内の様子はわかりませんが、なんでも、座席は4人掛けボックス席×4、サロン席×1、パノラマ席×6、ロングソファー席×1、ショートソファー席×1の約30席と、なかなかの豪華仕様になっているようです。
なお、この特別列車は1日2往復のみ運行しているようです。
車両の最高速度は95km/hの性能ですが、線路設備の関係なのか、最高65km/hでの運転になっているようです。

由利高原鉄道YR-2000形気動車

色々と季節ごとにイベント列車なども工夫して運行したり、おばこの格好をしたアテンダントがいる「おばこ号」を定期運行したりもしているようです。
ただ、インターネット面など、予算を掛けずに、鉄道会社として、もっとできることはあると存じますが、勝手にできないなど制限があったり、難しいのかも知れませんね。



ちなみにこの豪華車両、片道2万円、往復3万円で「貸切列車」にすることができます。
安いですよね。
家が近ければ、友人など仲間を呼んで、絶対に借りてます。
ひとりで借りても良いのですが、寂しいやつだとか、アホみたいに思われるかも知れないので、躊躇してしまいます。
おひとり様歓迎とでも、説明に記載されていれば、遠慮しないのですが・・・。

あと、Nゲージでも、車両を独占することができるようです。


由利高原鉄道 鉄道コレクション

清水淵峡 不動の森 紅葉の様子
211系電車「長野色」JR中央本線「普通」
キハ11形 JR名松線で唯一走る気動車 ローカル線
井原鉄道 岡山県と広島県の風情ある三セク鉄道新線(動画あり)
JR吉備線(桃太郎線)が路面電車化されて次世代ライトレール (LRT)になる?
三陸鉄道リアス線 非電化3セクでは日本一の163km
JR伯備線 現役381系「特急やくも」ある山岳路線
JR福塩線 まだ105系が頑張っている福山駅から府中駅間
銚子電鉄の終点「戸川駅」は建物コレクション駅Aだった
江ノ電は楽しかも知れない 江ノ島電鉄の日本唯一イロイロ
JRグループの「最高標高地点」と普通鉄道での「日本最高標高」の駅「野辺山駅」
当サイトの「最新」記事リスト早見表

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。