加悦SL広場 明治初期の貴重な蒸気機関車は国の重要文化財【閉園】

加悦SL広場

加悦SL広場(かやエスエルひろば)は、京都府与謝野町加悦にある鉄道公園です。(2020年3月末閉園)
加悦町(かや-ちょう)は、古くから「丹後ちりめん」(絹織物)で知られますが、鉄道の歴史もしっかりある北京都の街です。
かつては、1926年(大正15年)に開業した野田川町(与謝野町)の丹後山田駅から加悦駅までを結んでいた私鉄・加悦鉄道がありました。
大江山でニッケルの採掘が開始されると貨物専用線ができましたが、1985年(昭和60年)に国鉄・宮津線での貨物輸送廃止に伴い、売れ上げが6割減少し、加悦鉄道も廃線となりました。



その大江山鉱山駅跡に加悦SL広場があり、日本の駅舎100選に選ばれた旧加悦鉄道加悦駅を復元した木造駅舎が入口となっています。

加悦SL広場

キハ08形(キハ08 3)は、国鉄キハ08形気動車ですが、客車として使用されていた車両にディーゼルエンジンと運転台を設けた国鉄の車両です。

国鉄キハ08形気動車

キハ101形は、加悦鉄道が1936年に自社発注した片ボギーのガソリンカーです。
前に荷物台があるのが特徴です。
1968年に、ディーゼルエンジンに換装され、キハ08形が来るまで使用されました。

キハ101形

2号蒸気機関車(123号蒸気機関車)は、陸蒸気(おかじょうき)と呼ばれていたSLで、国の重要文化財です。
1874年(明治7年)にイギリスから輸入された4両の120形蒸気機関車の123号機で、神戸に配属されて、神戸~京都間で使用されたようです。

2号蒸気機関車(123号蒸気機関車)

開業時の1926年(大正15年)に加悦鉄道へやってきました。
1956年に漏水で休車となりましたが、その後修繕されて静態保存されていると言う事になります。

2号蒸気機関車(123号蒸気機関車)

英国スチーブンソン社製で現存するSLはこれだけと言う大変貴重な機関車です。
下記は、復元された加悦鉄道の客車ハ4995の内部(座席)の様子です。

加悦鉄道の客車ハ4995

加悦鉄道4は、河東鉄道(長野電鉄)が1923年に納品を受けた1200形蒸気機関車894ですが長野電鉄は電化したため、1934年に加悦鉄道に譲渡されました。

1200形蒸気機関車894

下記は、往時の加悦鉄道4の姿です。

加悦鉄道4

加悦鉄道1261は、1923年(大正12年)に製造された1260形蒸気機関車で、僅か10両しか生産されていません。

加悦鉄道1261

加悦鉄道1261 の運転席は、コンパクトながらも機能的に見えます。
簸上鉄道からSL1260形は2両が大江山ニッケル鉱業にやってきて、そのうち1両が静態保存されていると言う事になります。

加悦鉄道1261

C57形蒸気機関車189とC58形蒸気機関車390も並んでいました。

C57形蒸気機関車189 C58形蒸気機関車390

下記は長門鉄道101から東洋レーヨン103として譲渡された蒸気機関車です。

長門鉄道101から東洋レーヨン103

園内には、昔ながらの転車台(ターンテープル)もありました。

加悦SL広場の転車台

下記の客車は加悦鉄道ハ10 で、独自発注の貴重な車両です。

加悦鉄道ハ10

国鉄ヨ2047の車掌車もありました。
車掌車内に入ることもできます。

国鉄ヨ2047

国鉄キ165は、キ100形で、単線用ラッセル式雪かき車となります。
小樽市総合博物館や三笠鉄道村でも展示されています。

国鉄キ165

ただし、加悦鉄道の博物館では、キ100形の車内にも入れる状態でした。
人生初、ラッセル車の車内に、初めて入りました。
これだけでも、ここまでやってきた甲斐があったと感じます。

キ100形の車内

下記は、加悦鉄道キハ10 18 ディーゼル車です。

加悦鉄道キハ10 18

加悦SL広場ですが、昼食・ランチを取れるようなレストランはありませんでした。
しかし、私鉄系の車両展示博物館としては規模も大きく、大変貴重な車両が展示されていますので、とてもお勧めです。

加悦SL広場

京都丹後鉄道「与謝野駅」より丹海バス「与謝」行きまたは「共栄高校前」行き乗車して「SL広場西」バス停下車し徒歩約5分です。
無料駐車場が完備されています。
定休日は火曜日・水曜日・木曜日になっていますが、祝日の場合は営業となります。



見学所要時間は30分程度といったところです。
道路の向かいに道の駅がありますが、野菜など販売が中心の道の駅となっています。
駐車場の入口は当方のオリジナル地図でもポイントしてあります。

クルマで5分ほどの距離になりますが、土日であれば、加悦鉄道資料館(旧加悦駅舎)とセットでどうぞと言いたかったのですが、新型コロナウイルスのさなか2020年3月31日に、SL広場は閉園となりました。
とても残念です。
貴重な車両を、またどこかで拝見できるのを楽しみにしたいと存じます。
加悦鉄道資料館(旧加悦駅舎)は、活動を継続されておられます。

加悦鉄道資料館(旧加悦駅舎)大正15年のモダンな駅舎
国鉄10形蒸気機関車 宇佐参宮線26号蒸気機関車(準鉄道記念物)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。