日本全国の鉄道

加悦鉄道資料館(旧加悦駅舎)大正15年のモダンな駅舎

加悦鉄道資料館(旧加悦駅舎)

加悦鉄道資料館(旧加悦駅舎)は、京都府与謝野町にある鉄道資料館で、建物は加悦駅舎の移築になっています。
加悦鐵道保存会さんが管理・運営を受託されており、土曜・日曜・祝日とお盆期間などに開館しています。(平日は休館です。)
入場料は無料です。



1926年(大正15年)に私鉄・加悦鉄道が開業し、野田川町(与謝野町)の丹後山田駅から加悦駅までを結んでいました。
大江山でニッケルの採掘が開始されると貨物専用線ができましたが、1985年(昭和60年)に国鉄・宮津線での貨物輸送廃止に伴い、売れ上げが6割減少し、加悦鉄道も廃線となりました。

加悦鉄道資料館

その加悦鉄道のシンボルでもあった加悦駅(かや-えき)の建物が現存していると言う事になり、日本の駅100選にも選ばれています。
加悦鉄道の開業時(大正15年)に建てられた洋風の木造二階建て建築となっています。
下記のようなNゲージ・ジオラマの展示もありました。

加悦鉄道資料館のジオラマ

ただし、2001年に現在の場所に移築したかたちになっています。
駅があった場所には、加悦町役場が設けられ、現在は、与謝野町役場加悦庁舎と言う立派な建物が建っています。
下記は加悦鉄道の路線図です。

加悦鉄道の路線図

館内の写真撮影は自由とのことで、見学所要時間は10分程度と言った感じです。

加悦鉄道

加悦鉄道資料館(旧加悦駅舎)への交通アクセス・行き方ですが、京都丹後鉄道の与謝野駅から丹後海陸交通バスの与謝行または共栄高校前行に乗車して27分、加悦庁舎バス停下車です。
資料館の前に無料駐車場が確保されています。

クルマで5分ほどのところには、加悦SL広場と言う規模も大きい車両展示(有料)がありますので、セットでどうぞ。

加悦SL広場 明治初期の貴重な蒸気機関車は国の重要文化財

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」ではメンバー様を募集致しております。ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. デハ3号車両保存庫~旧雄勝線電車庫 雄勝鉄道「デハ3号車両保存庫」旧雄勝線電車庫
  2. JR小浜線(JR西日本) JR西日本125系電車 JR小浜線(JR西日本) JR西日本125系電車 直流電車と交流…
  3. 吉備線(桃太郎線) JR吉備線(桃太郎線)が路面電車化されて次世代ライトレール (L…
  4. 三陸鉄道リアス線 三陸鉄道リアス線 非電化3セクでは日本一の163km
  5. 蒸気機関車D52 235号 相模原「鹿沼公園」にある蒸気機関車D52形 汽笛やブレーキ開放音…
  6. 北陸本線「特急サンダーバード」 北陸本線「特急サンダーバード」683系2000番台 リニューアル…
  7. 大月駅で富士急行(富士急)に乗り換え 大月駅で富士急行(富士急)に乗り換え スイカ(交通ICカード)は…
  8. 江ノ電 江ノ電 併用軌道を走る動画もあるよ 江ノ島電鉄の日本唯一イロイロ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

中央線特急チケットレス注意点
  1. ローカル駅(Nゲージ)ジオラマ
  2. 横浜市電
  3. 211系(中央本線)
  4. TOMIX ワイドレール用築堤セット
  5. 小田急線踏切脱線事故

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

スポンサーリンク



PAGE TOP