肥薩線 キハ220形 JR九州

JR九州の肥薩線用キハ220形

キハ220系気動車は、JR九州にて運用されている、地方路線用の大型気動車です。
最初はキハ200形として1991年に登場しました。
キハ66形・キハ67形の後継として製造されたと言う感じだそうです。

20m車体で基本的には2両編成ですが、キハ200形1100番台や、キハ220形1100番台は両運転台となっています。
最高速度は110lm/h出せますので「快速」として運用されるケースもあります。



肥薩線では、1997年から製造されている通常キハ220形が、八代駅~吉松駅間にて運用されています。
この記事にある車両は人吉駅にて撮影したもので、熊本車両センター所属です。

JR九州の肥薩線用キハ220形

座席は転換クロスシートで、単行・増結対応しており、ワンマン運転も可能です。
ギアの変速が低めなので、山岳路線にも適応しています。

下記は、鉄道模型Nゲージ用に、グリーンマックスから発売されているキハ220形です。


グリーンマックス 30286 JR九州キハ220形200番代 1両単品(動力付き)

2020年7月4日、集中豪雨により球磨川(くま-がわ)が上流から下流までの全域にて氾濫し、人吉の街中も大きな被害となりました。
肥薩線では線路や駅の冠水だけでなく、球磨川第一橋梁(一部流失)、球磨川第二橋梁(全流失)(いずれも近代化産業遺産群)と、大きな被害となりましたので、復旧には数年単位の時間が掛かるものと推測します。
普段でしたら、球磨川の清流が独特の青さで、風光明媚な山間を抜けていく肥薩線ですが、SL人吉号だけでなく、いさぶろう・しんぺい号、かわせみ やませみ号などの特急も、当面運転ができないことでしょう。
令和になってから、更に災害・感染病など、とても試練を与えられており、人吉の被害も心が痛みます。
被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と、みなさまのご健康をお祈り申しあげます。

SL人吉の魅力 損をしない乗車方法「SL人吉攻略法」予約方法も
人吉転車台 (人吉ターンテーブル) SL人吉の方向転換見学方法と時間など
人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868
くま川鉄道 熊本・人吉のローカル線なのに乗車率130%?
南阿蘇鉄道「トロッコ列車」
8600形蒸気機関車48647 高千穂鉄道TR-300形気動車
青井阿蘇神社 飛鳥時代に創建された歴史ある人吉の神社
九州の観光にも便利なオリジナル地図

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。