日本全国の鉄道

人吉転車台 (人吉ターンテーブル) SL人吉の方向転換見学方法と時間など

人吉転車台



JR九州の熊本駅から人吉駅を往復する「SL人吉」ですが、人吉駅に到着したあと、蒸気機関車は方向転換致します。
その人吉転車台での方向転換に関して、詳しくご紹介したいと存じます。
JR肥薩線の人吉駅の西側には人吉機関区があります。
明治41年に人吉駅が開業した当初からある機関庫で、下記の石造りの機関庫は、現存して現役の石造り機関庫としては日本で最古となり、経済産業省より「近代化産業遺産」のひとつに認定されています。

人吉・石造り機関庫

また、「JR九州人吉機関車庫」として九州遺産にも認定されています。
当方のサイトではパソコンでクリックした場合、各写真は拡大表示されます。

JR九州人吉機関車庫

その人吉・石造り機関庫の脇には、人吉ターンテーブルがあります。

人吉転車台

SL人吉の運行日には、この転車台の脇にて、実際に方向転換する様子を無料で見学できます。
タイムスケジュール的なところ(転車台の時間)は、下記の通りです。
SL人吉・転車台は、営業運行の仕事の様子を見れるように開放しているのであり、ショーではありません。
時間は変更になる場合もありますので、ご了承願います。

SL人吉・転車台の時間

人吉鉄道ミュージアムの中で、上記のような掲示がされています。
少し早めにターンテーブルに行って、石造り車庫の撮影をしつつ、資料室で見学すると良いでしょう。

人吉機関区

上記建物の1階が無料開放されていて、休憩室を兼ねた資料室になっており、下記のような展示があります。

人吉機関区

そうこうしているうちに、SL人吉が「バック」で転車台に近づいて参りました。
下記は4kで撮影した動画です。

そして、転車台に収まりますと、回転します。

人吉機関区

普通、日本全国の転車台を見学しても、だいたいは半回転と申しましょうか、余計には回らないのですが、人吉はサービスが良くて1回転半してくれました。
転車台が動いている様子は、当方のYouTubeに何個か動画UPしていますので、よければ、ご覧下さい。

当方のYouTube動画チャンネル

人吉転車台は、無料で敷地内に入れて見学できます。

人吉転車台

予約などは不要です。
下記のような約1時間30分の観光ツアーで、説明を受けながらの見学も可能でして、下記の場合には、ヘルメットを被って、石造り機関庫の内部も見学可能になっています。

日本の20世紀遺産「肥薩線」鉄道観光案内人とめぐるSL機関庫・転車台

人吉転車台

SL人吉の転車台(ターンテーブル)の見学は、当日、SLに乗車していなくても、誰でも見学可能です。
ただし、小さなお子様は、列車も通過する機関庫ですので、目を離さないようにお願い申し上げます。
下記の写真の場所から敷地内に入れます。

入れる地点は、当方のオリジナル地図にてポイントしてあります。

人吉駅からは徒歩7分くらいの距離です。
クルマの場合には、人吉駅南側にある有料駐車場に止めから向かいたいところです。
人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868とせっとでどうぞ。

人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868
くま川鉄道 熊本・人吉のローカル線なのに乗車率130%?
SL人吉の魅力 損をしない乗車方法「SL人吉攻略法」予約方法も
人吉城~日本100名城にも選出されている石垣などが立派な城
京都鉄道博物館 徹底解説 失敗しない楽しみ方
人吉で西郷隆盛や800年人吉で続いた相良氏に触れる人吉の見どころ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」ではメンバー様を募集致しております。ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 熊本市電 熊本市電(熊本市交通局) 路面電車の乗り方 運賃の支払い方など
  2. 横浜市営地下鉄「脱線事故」 横取り装置とは? 横浜市営地下鉄「脱線事故」の原因と概要
  3. JR九州の肥薩線用キハ220形 肥薩線 キハ220形 JR九州
  4. 富山軌道線 富山軌道線 乗り方 越中料理五万石本店ラッピング電車デ7012
  5. 下吉田駅ブルートレインテラス 下吉田駅ブルートレインテラス 富士急行線の鉄道公園
  6. 地下鉄博物館 地下鉄博物館「東京メトロ」ちかはく 葛西駅近く
  7. 身延山久遠寺スロープカー 身延山久遠寺スロープカー 無料で乗車できる斜行エレベーター
  8. JR小浜線(JR西日本) JR西日本125系電車 JR小浜線(JR西日本) JR西日本125系電車 直流電車と交流…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

スポンサーリンク



PAGE TOP