鉄道模型レイアウト

池と川と山肌と地面作り(1) Nゲージのジオラマ作成【Nゲージ敷設工事38】

池と川と山肌と地面作り Nゲージのジオラマ作成

なかなか、思ったより進捗が悪いのですが、ジオラマ作成、少しずつでも頑張っています。
だいたい、色塗りは完了致しましたので、まずは、真ん中から、分割式レイアウトの中央部分からある程度終わらせようと進めています。

まずは「川」作りです。
川は、本来、山からいくつもの清水が集まって流れるものですが、どうしても、狭いジオラマですと、結構、無理があります。
そのため、湧き水が出ている「池」と言う設定で、その池から流れ出すと言う感じにしてみたいと思っています。
そして、途中には落差のある「滝」も、設けます。



と言う事で、まずは、湧き水のある「池」作りです。

湧き水のある「池」ジオラマ

適当に掘ったところに、グロスポリマーメディウムを塗っては乾燥の繰り返しで、水の厚みを出します。
これが、何日もかかりました。
下記は塗った直後ですので、白く見えますが、乾燥すると透明になります。

池から流れる川 Nゲージジオラマ

川や池を作るのに、必要な道具類は昔の下記の記事をご参考頂けますと幸いです。

鉄道模型ジオラマ改良「渓流の作り方」水面作成に必要な具材【Nゲージ敷設工事29】

湧き水の池は、とにかく、極端でも良いので「青さ」を出そうと思いました。
と言う事で、青色の「プラ板」を途中からはめ込んで、更に、そのうえにグロスポリマーメディウムを何回も塗りました。

湧き水 Nゲージのジオラマ

まだ、木々や川筋の岩を十分にセットしていませんので、最終段階ではなく、途中の段階ですが、下記の様子にまで仕上がって来ています。

湧き水 Nゲージのジオラマ

川の部分は、最後の最後に、多少、色を塗るかも知れません。

あと、前回までに、地面や山肌に色を塗ったのですが、今回は木々のセットと、パウダーを撒きました。

地面作り Nゲージのジオラマ

なお、最終的には、秋の風景、紅葉をある程度織り交ぜますが、今のところ、実際に紅葉をセットするのは、最後の最後に、全体のバランスも考えて行おうと思っています。
そのため、地面と山肌は、完成度80%程度までを目標に、作業しています。
よって、現在、お見せしている写真の状態は、完成状態ではなく、途中と言う事で、約50%といったところでしょうか?
ご理解を賜りますと幸いです。

トップの写真も、まだ完成前ですので、なんなのか、よく分かりませんね。
また、進捗がありましたら、後日、公開させて頂く予定です。

単線高架橋の自作(鉄道模型)【Nゲージ敷設工事37】
他のJAM国際鉄道模型コンベンション向け製作日誌
JAM国際鉄道模型コンベンション(2019年8月)出展の協力スタッフ募集など
背景シート「無料配布あり」ジオラマやNゲージ鉄道模型レイアウト用

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」を新規発足させました。今なら初期のメンバーですので、ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 室内試運転「屋上レイアウト」計画【Nゲージ敷設工事9】
  2. 鉄道模型ジオラマの「山」を作る 鉄道模型ジオラマの「山」を作る(2)スタイロフォーム造成【Nゲー…
  3. 車両基地レール延長部を使用した機関区 トミックス車両基地レール延長部を使用した機関区制作(Nゲージ)【…
  4. Nゲージ敷設工事 メインホーム敷設準備【Nゲージ敷設工事1】
  5. Nゲージのレンタルレイアウト アトリエminamo・ジオラマギャラリー(町田)のNゲージ・レン…
  6. トミックス91017車両基地レール(延長部) トミックス91017車両基地レール(延長部)の詳細情報と付属部品…
  7. Nゲージ複線 ローカル駅常設工事&直線レール「板」常設工事追加【Nゲージ敷設工…
  8. Nゲージのジオラマ「渓流」 鉄道模型ジオラマ改良「渓流の作り方」水面作成に必要な具材【Nゲー…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Nゲージの屋上レイアウト
  1. 複線スラブレールDS1120
  2. フォーリッジ・クラスター自作
  3. 東急大井町線
  4. 横浜市電
  5. 車両基地レール延長部を使用した機関区
  6. 井原笠岡軽便鉄道機関車第1号形蒸気機関車

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

スポンサーリンク



PAGE TOP