機関庫モジュールの製作_②

機関庫モジュールの製作_②

外壁の作成

外壁はまずサンプルを工作用紙で作成してイメージを固めていきました。
それなりに雰囲気が有って、自分の工作力に合った簡単に作れる形にしました。
結果として曲線の無い直線の組み合わせのデザインに落ち着きました。

それをベースにしてプラ板で外壁を作成していきました。

曲面部分の外壁取付作業

扇状庫の曲面部分の壁は、
柱と柱の間の幅に合わせて一枚一枚作成したものを曲面に合わせて繋げていきました。
1日3枚位のペースでしたので、
少しづつ出来上がっていくのが楽しかったです。

外壁の完成

外壁が完成しました。
簡単なデザインですが、良い感じになったと思います。

少し土台から飛び出てしまいました。
後ろ側だし良しとします。
自分の設計の精度なんてこんなもんです(笑)

屋根の作成

屋根の作成に取り掛かりました。
屋根は固定せず、取外して中が見える様にしたいと思います。

工作用紙で屋根の型紙を作りました。
いつもの現物合わせです。

自分の工作力と相談して、
屋根も簡単なデザインで作成を進めることにしました。

煙突の作成

屋根に煙突ぐらいは欲しいですよね。

難しい加工は出来ませんので、
何か煙突の部材に流用出来るものはないかと、
ホームセンターを物色して見つけた、傷防止のクッションと
直径5㎜のプラパイプで煙突を作ってみました。
それなりに雰囲気は出たんでは無いでしょうか、

直径5㎜のワッシャーを土台にして屋根に固定していきました。

ここまで作成した段階で
クラブの「2019年冬の運転会」に持ち込みました。

他のメンバー様のモジュールとの接続方法や、
レイアウト作成でのお知恵を頂いてブラッシュアップをして行きたいと思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. おー、とても素晴らしいですね。カーブがあるから大変なので、私には無理です。(^-^)

  2. コメントありがとうございます。
    よく見ると粗だらけですよ(笑)

コメントするためには、 ログイン してください。