蒸気機関車 C12 199号機「奈良井宿」にて静態展示~珍しいデフ板つきC12

蒸気機関車 C12 199号機

蒸気機関車 C12 199号機

蒸気機関車 C12 199号機は、長野県塩尻市奈良井の中央本線脇に展示されているSL。

1938年に製造され、新潟、山形、飯山の配属を経て、最後は木曽福島で入替専用の機関車として使用されていました。
1974年に廃車となり、長野県楢川村の「奈良井公民館」にて静態展示。
その後、奈良井宿観光駐車場に場所を移しました。

蒸気機関車 C12 199号機

すぐ脇にはJR中央本線(JR東海)の線路が通っています。

JR中央本線

C12-199は塗装などの保守もされているようで、保存状態は良いです。
C12では珍しい、除煙板(デフレクター)付きになっており、C11のようにも見えますが、晩年の木曽福島にいた際に改良設置されたようです。

C12-199

珍しいので、かつてマイクロエースからも、このC12-199号機がNゲージ発売もあった模様。

下記は、近くの踏切から、現在の中央本線(中央西線)を撮影した写真。
写真を押して拡大表示して頂くとわかりやすいのだが、脱線防止ガードが、外側レールにあるのは珍しい。

中央本線(中央西線)

鉄道模型のカーブ・レールにて、間違えて外側にガードレールをつけてしまっても、この写真を見せれば笑われなくて済みそうな予感が?


スポンサーリンク



交通アクセス・行き方ですが、場所は当方のオリジナル名古屋方面地図にてポイントしています。
スマホで表示して、目的地として選択し「ナビ開始」にすれば、カーナビ代わりにもなります。
自動車用、歩行用でも、ナビとしてお使い頂けるようにもできます。

ただ、C12 199が展示されている場所にある駐車場は「有料駐車場」でして、クルマだけでなくバイクも有料です。
そのため、奈良井宿観光しない場合には、道の駅に止めて徒歩5分といったところでしょうか?

もちろん、奈良井宿も非常に散策するのには良いところですので、有料駐車場を利用して、SL見学と奈良井宿見学とセットでも良いでしょう。

奈良井宿

お気をつけて訪問頂けますと幸いです。

蒸気機関車 D51 351号機「南木曽のSL公園で静態展示」
奈良井宿~鳥居峠に繋がる大規模な宿場町の歴史景観
他の展示車両カテゴリはこちら

報告する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。