鉄道模型レイアウト

JAM国際鉄道模型コンベンションに出展ジオラマ「最終調整」(1)【Nゲージ敷設工事43】

ジオラマ

2019年8月に東京ビックサイトで開催される国際鉄道模型コンベンション(JAM)に出展する、分割式ジオラマ「情景」の最終調整を行っています。
本来であれば6月に行いたかったのですが、只今、仕事の方が多忙を極めており、仕事が約2ヶ月遅れです。
そのため、ジオラマの作業ができず、7月にずれ込んでしまっています。
ただ、ジオラマの方も、仕上げなくてはなりませんので、最終調整に取り掛かることに致しました。



すでに80%ほどは完成しており、走行テストなども終わっております。
よって、今の状態でも出展は可能なのですが、細かい所の設置・増設などを行いまして、少しでも完成度を高める最後の調整と言う事になります。

まず「滝」の周りです。
滝は、グロスポリマーメディウム、ジェルメディウム、モデリングペーストの水系用三種の神器をフル活用致しまして、何重にも塗り重ねてきました。
その結果、だいぶ「テカテカ」に光り輝く状態となり、水が流れているなと言う雰囲気には近づきました。
しかし、滝の部分、那智の滝のように、まっすぐ水がストンと落ちる滝にすれば、より印象が滝だと言う事になったのでしょうが、多少、斜めに流れる滝にしてしまったため、これがまだ、よくわからない、ただの斜面とも見間違える状態になってしまいました。
そのため、いくら三種の神器を駆使して塗っても、バッと見で滝だと分からない可能性があるため、最後は「ホワイト」で水の流れが速い部分・激しい部分を塗りました。
※当サイトの各写真はパソコンでクリックすると大きく拡大致します。

ジオラマの滝

人間の目で見ると、滝だなとわかるのですが、写真で撮影すると、今までは滝なのか?、わからない状態だったのですが、ホワイトニングしたことで、写真でも、だいぶ、滝だとわかるようになったと思います。
インスタ映えではありませんが、このようなところが、重要ですのでね。

滝は、上段の滝と、下段の滝と2箇所
下段の滝は、堰堤と申しましょうか、砂防ダムのようなかんじの、人工コンクリートの広い滝なのですが、そこも、水の流れが弱かったので、下記のようにホワイトで塗りました。

コンクリートの滝

微妙ですが、なんとか、滝であると言う雰囲気にはなった思います。
実際には、3線通る、鉄橋の下にあるので、もともと、滝がわかりにくいので、まぁ、これで良いかなと言う感じです。



あと、空き地スペースの最終調整も行いました。
もともと、空き地には「農家」の家を置こうと思っていたのですが、どうしても、線路と山に阻まれて、アクセス道路が無理なのです。
人間が歩ける程度の細い道でもと、考えましたが、無理でした。
それでも、ポツンと一軒家ではありませんが、家だけでも、置こうと思いましたが、やはり、違和感があるのは、避けたいところです。
よって、農家を置くのはあきらめました。
その代わりに、最初は「畑」を置こうと思っていました。



しかし、畑ですと、あぜ道と申しましょうか、結局は、道が必要ですよね。
そのため、最終的に「池」を置くことにしました。

例によって「池」は、100円ショップで購入した、青色の透明プラ板(透き通っている青色のプラスチック板)を使用します。
適当な大きさに、ハサミでカットしました。

ジオラマの池の作り方

ちょっと、池にしては、青すぎるとは思いますが、前述の水系のように、川や滝や池に見えないと、よくありませんので、その当たりは妥協しています。
これで、まぁ、池だと分かって頂けると存じます。
青の透明プラ板を、そのままポンと置いて、板じたは固定していません。
板の周り、すなわち、池の周りに、たっぷりと大きめのフォーリッジ・クラスターをボンドで固定して、板(池)を抑え込む作戦です。
そもそも、ボードの下地もあるので、少し深みのある池の色になったのではと思います。

鉄道ジオラマに池を設置

これにより、道が無くて、人間が辿り着くことが難しい、秘境の池のような感じになりました。

あと、お城の広場の遊歩道部分に、木道を設置しました。

ジオラマ木道

この木道は、お世話になっております、ジオラマの先生「宮澤先生」が手作りなさって、タダだ頂いた木道と言うか、もともとは、木の橋です。
せっかく頂いたので、活かすため、設置させて頂きました。
これで、より、城址公園と言う雰囲気も出たと思います。
ありがとうございます。

あと、城址公園に、静態展示できる線路があります。
最初は、1/150スケールの子供用おもちゃとして発売されている合金SLのD51を置こうと思って購入しました。
しかし、SLは、さすがDタイプですと、大きいんですよね。
やけに、SLが大きすぎて、目立ってしまいます。
実際に、D型は大きいので、しかたないところなのですが、小さなSLが見つかれば小さいSL、なければ、路面電車など小型の車両を静態展示したいと考えています。



走行系の調整ですが、不要なポイントを減らしました。
前回、リハーサルも兼ねて、相模原鉄道模型クラブのメンバー様に、運転会として、様々な車両で走行して頂いた際に、一部の車両が、ポイント通過後に脱線すると言う現象が、5%くらいの確率で発生しました。
私が所有している車両ですと、トミックスのNゲージ車両は問題ありません。
ただし、カトーのSLは脱線すると言う現象を把握していました。
運転会でも、やはり、カトー製の車両が脱線していたと思います。
もちろか、カトー車両のすべてが脱線すると言う話ではなく、カート車両の中でも一部ですし、トミックスでも脱線するかも知れません。
こればかりは、レールとの相性もあるものと推測致します。
しかし、東京ビックサイトでは、できれば、会場にお越し頂きました皆様ご持参の車両でも、運転して頂ければと願っていますので、脱線する要因は減らしたいところです。

そのため、まず、ボード拡張時ようの渡り線へとつなげる、ダブルスリップポイントは撤去して、通常のポイントにしました。
また、下記のダブルクロスポイントも、実際に、稼働させることはないため、いわば「飾り」的な要素でしたので、撤去することにしました。

ダブルクロスポイント

ただし、いつでも、ダブルクロスポイントに戻せるように、電動装置のポイント駆動ユニットや、配線は、そのまま残しております。

ダブルクロスポイント撤去

そして、通常のワイドレール複線に、交換致しました。

ワイドレール複線

これで、脱線することは無いでしょう。
と申しましょうか、これでも脱線する場合には、99%は車両側の問題であると申し上げたいです。

ひとつだけ、良いことが増えました。
もともと、狭いレイアウトであるため、リレーラーを置いて、線路に車両を載せられる場所があまり無かったのですが、この複線部分で、載せられる状態になりました。



あと、細かい所では、紅葉も増やしていますが、更に、調整と言う事で、例えば下記のように道路わきの標識なども、適当な場所に、設置しています。

ジオラマ標識

標識類は、とにかく細いので、そのうち、折れて、紛失しそうですが・・・。

あとは、残りの細かい部分の調整などを行い、最後には、宇都井駅や、その他岩盤・コンクリート部分などの「ウェザリング」(汚し塗装)と、人間(人形)の配置などを最後の段階で施したいと思っています。

JAM国際鉄道模型コンベンション出展用関連記事
TOMIX ワイドレール用築堤セット 敷設検討【Nゲージ敷設工事42】
JAM出展ジオラマ2019計画レイアウト概要
相模原鉄道模型クラブ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」ではメンバー様を募集致しております。ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 車両基地 車両基地構想~2019年4月再生産予定のTOMIX車両基地セット…
  2. 宇都井駅(三江線)をジオラマにセット作業(1)【Nゲージ敷設工事…
  3. 鉄道模型ジオラマに「お城」を設置 鉄道模型ジオラマに「お城」を設置する【Nゲージ敷設工事39】
  4. ローカル駅 ローカル駅常設工事の続き-2【Nゲージ敷設工事7】
  5. ダンボールで畑を作る(Nゲージのジオラマ) レイアウト用の「畑」を100円の巻ダンボールで作る【Nゲージ・ジ…
  6. 単線高架橋の自作(鉄道模型)【Nゲージ敷設工事37】
  7. 屋上でNゲージ 「屋上レイアウト」全長82m基本路線(単線)設計と第1次開業時の…
  8. 鉄道模型の宇都井駅(三江線)ジオラマ 鉄道模型ジオラマを実際に自動車に積載してみた~運転会へ搬送

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Nゲージ・ジオラマ「岩山」作り方
  1. ローカル駅
  2. 加悦SL広場
  3. TOMIX98057 JRキハ100形ディーゼルカー(2次車)セット
  4. ダンボールで畑を作る(Nゲージのジオラマ)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

スポンサーリンク



PAGE TOP