湯野上温泉駅(会津鉄道)~紅葉と茅葺き屋根の駅舎

湯野上温泉駅(会津鉄道)

湯野上温泉駅

湯野上温泉駅(ゆのかみおんせんえき)は、福島県南会津郡下郷町湯野にある会津鉄道・会津線の駅です。

湯野上温泉駅(会津鉄道)

全国でも珍しい「茅葺き屋根」の駅舎で知られ、春(4月中旬)には桜の名所にもなっています。
夏には山々の深緑、秋には紅葉、冬には雪景色と、四季を通して風情ある光景が楽しめる鉄道駅で、カメラマンにも人気のスポットです。


スポンサーリンク

ホームは、相対式ホーム(2面2線)で、列車交換が可能です。
朝から夕方までは、有人駅にもなっています。
今回は、会津出張の帰りに、大内宿に寄ったあと訪問させて頂きました。

湯野上温泉駅(会津鉄道)

ちょうど、会津若松方面の上り列車と、会津田島方面の下りトロッコ列車「会津浪漫号」(星号)が到着・発車する時間でしたので、入場券を購入して、ホームでも撮影させて頂きました。
駅の係員さんに確認すると、反対側のホームにも、行っても良いとの事で、両方のホームからも、撮影させて頂いております。

湯野上温泉駅(会津鉄道)

ほんとうであれば、のんびりと、野岩鉄道・会津鉄道と、乗り継いで行きたいところです。


スポンサーリンク

なお、無料の足湯「親子地蔵の湯」も、駅舎の外にあるようです。
執筆時点での営業時間は、8:30~19:00でした。
タオル持参で訪れたいところですね。

そうそう、ラッセル車ですかね?、待避線に止まっていました。

会津鉄道

しかし、駅舎以外も、なかなか風情がある所でございます。

湯野上温泉駅(会津鉄道)

なお、あえて、その場面の動画や写真などは、公開致しませんが、列車がホームに停車している時間に、駅の構内踏切から、3mほど逸脱して「線路内」で、低いアングルから、車両を撮影されている高齢者の方がおられました。
当然、運転台から運転士さんが、すぐに降りてきて「警察呼びますよ」と注意されている訳です。
最初は、一眼レフ・カメラを持って、ホームにて、ずいぶん、熱心に撮影なさっておられるか?と、見ていたのですが、突然の行動でした。
そのあと、列車が発車する場面は撮影せずに、先に改札を出て、退散されたご様子ですが、皆様、絶対に、線路など、入ってはいけません。
増して、もうすぐ、目の前の列車が、出発する時間が近づいている時ですのでね。


スポンサーリンク

運転士さんも毎日、安全のために、神経をすり減らして、運転されている訳ですので、利用したり撮影する側も、マナーを守って、安全第一に、撮影して頂ければと、願っております。

あと、動画も撮影した見ました。
より一層、湯野上温泉駅の様子も、わかりやすいかと存じますので、よければ、ご鑑賞賜りますと幸いです。

駐車場

湯野上温泉駅には、北側に無料の駐車場がありますので、クルマでも行けます。
両方向の列車が出て、帰る際に、神戸ナンバーの2人連れの方が、駐車場に入ってきて降りて、カメラを持ち、駅に向かわれました。
目的は、わかりませんが、ちょっと、遅かったかもです。

塔のへつり【紅葉も名所】南会津の阿賀川沿い渓谷美
大内宿で失敗しない方法~ノストラジックな時間を過ごす宿場町と「ねぎそば」
C11 254蒸気機関車 会津田島駅で静態展示されてるSL
会津湯野上温泉の温泉宿・ホテルなど

報告する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。