その他

空想「相武鉄道2018」概要~創立から【相模電鉄物語】

相模電鉄

空想「相武鉄道2018」は、管理人・高田の心の中にある想像上の鉄道会社を空想しつつ、Nゲージにて現実化しようと試みている仮想鉄道会社でございます。
いつもご乗車(ご高欄)、誠にありがとうございます。

相武電鉄

相模電鉄(空想)の前進は、相武電気鉄道(そうぶでんきてつどう)と言う鉄道会社です。

相武電気鉄道は、神奈川県相模原市に本社を置き、地元の地権者より土地を提供してもらうなどし、昭和6年5月には淵野辺~上溝~田名まで線路を引きました。
上溝駅近くに変電所も設置し、駅舎も完成するなどして、あとは開業を待つばかりでした。
しかし、開業直前になって資金難に陥り、準備していた貨車などを売却し、運行開始できなくなりました。
そのため、昭和11年(1936年)に鉄道免許が失効となっています。
ここまでの話は、本当に戦前の昭和にあった実話です。

詳しくはこちら



その相武電気鉄道の路線を引き継いだのが、このワタクシの空想である、超ローカル鉄道模型「相模電鉄」と言う設定になります。
ここからは空想の世界、想像の話となります。

相武電気鉄道が破産した直後である、昭和7年4月に「相武鉄道」は開業致しました。
資金繰りに行き詰まっていた総武鉄道を買収して「相模電鉄」として新たに開業させたのです。

相模電鉄(仮想)

現在のJR横浜線「淵野辺駅」が起点で「上溝駅」、そして「田名」(現在の田名バスターミナル)までの約8kmの単線が営業路線となります。

前進の相武電気鉄道の計画では、現在の山手線・恵比寿駅から溝の口駅・鶴川駅経由で淵野辺までと、更に水郷田名から道路・鉄道共用の高田橋を経由して、愛川町の久所~愛甲田代へ延長する計画でした。
しかし、引き継いだ時点でレールが敷設されていた、淵野辺駅~田名駅の約8kmのみで、相模電鉄は営業運転を開始させて頂きました。
なお、高田橋の鉄道共用建設資金のめども立たないことから、勾配もきつい水郷田名まで線路は降ろさず、坂の上にある田名にて終点とさせて頂いております。
淵野辺駅から東京方面は、需要も見込めることから、鉄道敷設の免許申請を行いましたが、小田急電鉄などと平行もすることから、却下されています。
逆に、田名から愛川町方面への路線は、需要が見込めないことから免許を返納致しました。

他にも、相武電気鉄道は、田名から川尻を結ぶ川尻支線、そして、まったく別の路線となる、新横浜~本厚木間の厚木新横浜線の計画もありましたが、免許申請もしていなかったことから、それらの路線は引き継ぎも行わなう事に致しました。

ということで、昭和7年より、約8kmの単線にて、細々と、淵野辺駅~田名駅間での鉄道として運営(空想)致しております。

当然のごとく、赤字経営でございまして、相模原市さまより、田名地域の生活交通確保対策を受けて、毎年、助成を賜っており、なんとか営業を続けられています。(空想です)
市民の皆様には血税からの援助に対し、深く御礼を申し上げる次第です。

近年の車両更新では、新車の新調は困難でして、首都圏の鉄道会社で不要となった中古列車を入札しては譲渡(ヤフオクなど)を受けることが多いです。

電鉄会社を称していますが、前進の相武電鉄が資金難にて、変電所設備の代金未払いがあり、電化はできずに開業していました。
そのため、いまだに、全区間が非電化のままでして、ディーゼル車両2編成による旅客運転を行っております。
上溝駅を改良しまして、列車交換できるようにし、朝夕の列車増発をいたしております。
鉄橋は道保川と鳩川の2箇所ありますが、一番長い橋は鳩川の長さ10mでございます。
車庫は、浅間森(石橋団地付近)に設けられていたものをそのまま使用いたしております。
国道16号の踏切による常時道路渋滞、大変ご迷惑をお掛け致しておりますが、弊社には立体交差にするお金はありません。ごめんなさい。
現在は、全駅無人駅ですが、交通ICカードPASMO(スイカ)にも対応しています。
ワンマン運転でございますので、乗車時と下車時に運転席脇の料金箱にて「タッチ」願います。
運賃は首都高と同じ方式で、現金購入キップ(現金投入)の場合には全線統一運賃ですが、PASMO(スイカ)利用の場合には、区間料金となっており、お得です。

相模電鉄(空想)

昼間は1編成1両での運転です。
ただし、朝夕の通勤ラッシュ時間には、1編成2両体制を取っており、ダイヤは10分に1本のペースと、利便性は市電並みと配慮しているつもりです。
30万人が訪れる水郷田名での花火大会の際には、臨時増発もさせて頂き、たいへんありがたい恩恵を受けておりますが、できれば、花火大会開催は、毎週あると、うれしく存じます。

また、土日祝にはSL機関車での観光用臨時列車の運行も、蒸気機関車に故障がなければ、全席指定席にて実施中です。
別途、指定券をお買い求め願います。
距離が長くはないため、短時間でSL旅情を楽しめると、好評でして、2往復・3往復されるお客様もいらっしゃいます。
ただし、予算不足につきターンテーブルなどの設備が現状としては無いため、田名駅からの折り返しには、最後尾のディーゼル機関車が先頭車両となって、淵野辺方面に引いて戻ります。
ホームの長さの関係で、SLの客車は1両のみと、とても短い編成になっていますが、これは日本で唯一の誇りでもあります。

また、整備期間中でなければ、淵野辺駅にてかつて貨物用に使用していた待避線にて、SL機関車を展示しており、有料で運転台へ入ることも可能となっております。
なお、SL機関庫もなく、常時整備できる状態でもないため、SLの蒸気機関は、実はディーゼルエンジンに換装されており、蒸気は別途作り出したものを排出し、蒸気音は速度に応じてスピーカーより流すと言う最新5.1サラウンド・システムを導入致しております。
このように、石炭を使用していないため、環境にも考慮した最新タイプになっており、黒煙による被害もありません。
将来的には、銀河鉄道999さまにも負けないシステムを開発する経過もあります。
ちなみにねSL指定券+乗車券は、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスのみでの販売となっており、コンビニでも購入可能です。(繰り返しますが仮想です)



中古でおフルのディーゼル車両の点検・整備にしても、試運転できる線路まで余裕がありません。
そのため、試運転に関しましては、近隣のレンタル線路(レンタル・レイアウト)まで出向いて、運転させて頂くこともございます。

このような仮想現実を少しでも実現するため、相模鉄道のNゲージでは「野外」「屋外」での鉄道模型運転をコンセプトとしている次第です。

念のため、ここでも記載しておきますが、首都圏の大手鉄道会社の「相鉄」(相模鉄道)さんと、当方の仮想の相模電鉄は、字は似ていますが、関係はありませんので、改めてご確認申し上げます。
あと、相模原を拠点として、Nゲージをみんなで走らせるクラブも計画致しておりますので、よければ、下記よりご覧頂けますと幸いです。

青空の屋外にてNゲージ鉄道敷設計画プロローグ【屋上鉄道・相模電鉄】
神奈川県相模原市でNゲージ走行会計画~賛同者さま募集開始【相模原Nゲージ鉄道模型クラブ】
当サイトの「最新」記事リスト早見表
幻に終わった相模原の鉄道 「相武電気鉄道」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」ではメンバー様を募集致しております。ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 福井電鉄 2018年「青春18キップ」利用特例など特徴や知っておきたいポイ…
  2. 東京駅 新幹線改札 スイカ・パスモから新幹線への乗り継ぎ方法解説 東京駅 新幹線改札 スイカ・パスモから新幹線への乗り継ぎ方法解説…
  3. えきから時刻表 えきから時刻表「終了」代わりになる時刻表サービスはあるのか?
  4. E4系新幹線「Maxとき」 Nゲージの新幹線16両編成、勾配やホームの必要な長さなど【Nゲー…
  5. JR北海道 JR北海道の大幅赤字がかわいそう 黒字化を考えてみた
  6. 小田急線踏切脱線事故 小田急「踏切衝突事故」乗用車と衝突して脱線した詳細状況 2019…
  7. Nゲージ体験運転操作会 相模原市内で「鉄道模型」公開運転操作会(運転体験・走行会・運転会…
  8. トミックスのNゲージ新発売情報 トミックス「新製品情報」2018年6月のNゲージ新発売予定

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

相模原Nゲージ鉄道模型クラブ 最新活動予定&連絡事項
  1. トミックスのNゲージ新発売情報
  2. JAM国際鉄道模型コンベンション
  3. JR北海道
  4. ローカル駅
  5. トンネル+立体交差

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

スポンサーリンク



PAGE TOP