その他

えきから時刻表「終了」代わりになる時刻表サービスはあるのか?

えきから時刻表

新幹線での出張計画を立てる場合や、青春18きっぷから、小田急ロマンスカーなど、ありとあらゆる場面で「時刻表」として、無料利用できて、とても重宝していました「えきから時刻表」さんがサービス終了となります。
2019年3月29日でサイトが閉鎖?されるようです。
終ってしまう理由は、発表されていませんが、まぁ、採算が合わないと言う事なのでしょう。

確か2002年くらいからサービス開始してくれていたと思います。
それまではずっと、紙媒体の大きな時刻表を毎月購入していたのですが、えきから時刻表さんに出会えてからは無料で、最新の時刻表を確認することができていました。



旅行計画を立てる際に、市販されている時刻表と同じような感じで、下記のように始発から終電までの各列車の時刻表が、ひとめ(一覧)で分かりますので、とても重宝していました。

えきから時刻表

路線時刻表としては、当然、鉄道各社が提供している時刻表よりも使いやすかったので、とても便利だったのです。
東海道新幹線からの接続でも、JR東海、JR西日本、近鉄などの私鉄のサイトと、わざわざ個別に調べる必要もなく、まとめてわかりますのでね。

例えば、出先でも、スマホにブックマークしている「えきから時刻表」にて、この列車が、各駅に停車・出発する時間が、ダイヤグラム的にわかったりでき、とても助かりました。
ダイヤ改正にも遅れることなく、タイムリーに対応してくださっていましたので、本当にありがたかったのですが・・。

今まで、どこの会社さんが運営していたのかな?、気にしたことがなかったので、初めて拝見いたしますと、なんと「ぐるなび」さんでした。

近年には、スマートフォン版もできていました。
スマホ版は、PC版の良さが無く、かえって使いにくかったので、スマホ表示てもPC版で利用させて頂いていました。

ネット上でも、下記のように残念との声がたくさん見受けられます。

代わりになる時刻表を捜してみました。

例えば、JR時刻表と言う分厚い紙媒体を毎月発刊している交通新聞社さんでは、電子版の時刻表として「デジタルJR時刻表Pro(タブレット版)」と「デジタルJR時刻表Lite(スマホ版)」なる有料アプリ版を提供してくれています。
しかし、タブレット版ですと、月額960円と、紙媒体よりちょっと安いくらいの価格設定で、これではなかなか手が出ません。
コンパス時刻表のほうが安いくらいですのでね。

その交通新聞社さんのwebサービスとして、トレたびの時刻表がありますが、これは、Yahoo!路線などと同じように、いちいち、出発駅・到着駅の「駅名」を入力しなくてはならないのが手間です。
そもそも、検索がコンセプトとしてない、えきから時刻表さんは、クリック・タップだけで、調べることができましたので、とても使いやすかったのです。

パソコンやスマホで見れる「ジョルダン時刻表」さんでは、新幹線の時刻表は、列車ごとの停車駅・停車時間などが、わかるようになっています。
しかし、在来線や私鉄に関しては、各駅の時刻表表示のみ、すなわち、ホームにある時刻表と同じような状態でしかわかりません。
列車ごとの各駅の出発時間などが、一目でわからないのです。
ただ、新幹線に関しては、このジョルダンさんの新幹線時刻表は、えきから時刻表さんに近い状態で使用させて頂くことができそうです。

また「ekitan」の電車時刻表でしたら、在来線も、各電車ごとに停車駅や時間もわかります。
しかし、えきから時刻表のように、その前後に走っている列車の時間が、時刻表のように、一目ではわかりません。
ひとつの電車、単体でしかわからないので、これまでのようにはいきません。
例えば、ちょっと時間が余っているから、時間調整も兼ねて、座れる各駅列車で行ってみると、目的地に何時頃、到着できるかな?と言う、見比べもできないのです。



JR東日本が直接提供している「時刻表」も同様ですね。
列車単位ではわかりますが、区間単位ではわかりません。
春の増発列車・夏の増発列車・秋の増発列車・冬の増発列車といった臨時列車の情報は、無料で手に入りますが・・。

実は、あまり知られていないかも知れませんが、JR東日本など実際に電車を運行している鉄道会社はともかく、JTB、ekltan、駅すぱあと、Yahoo!路線情報、ジョルダン、そして、えきから時刻表も含めて、ほとんどが、時刻表データを「交通新聞社」さんから購入して作られています。
そのため、えきから時刻表が行っていた表示方法と同じことが、できない訳では決してありません。

しかし、紙の時刻表のように見れるweb時刻表であった、えきから時刻表さんが無くなってしまいますと、紙媒体の大きくて重たい時刻表を、定期的に購入する方法に、何年振りかに戻さなくてはいけなそうです。
そんな大きな時刻表を、私の机に置くようなスペースも無いわけでして、困り果てています。

JTB時刻表さんと、交通新聞社のJR時刻表となりますと、携帯性が悪いですので、出張先で気軽に電車の時間を調べることもできません。
また、古くなった時刻表をゴミとして出す際にも、ただでさえ重たい訳でして・・。
我が家は、ごみ集積場が遠いので、難儀しそうです。



できれば、どこかの会社さんがこのサイトの権利を買い取って、無料での運営継続して頂けないものかと、切実に感じます。
今のところ、仕方ないので「デジタルJR時刻表Lite」(月額360円)を使うかも知れませんが、とても残念な話です。

えきから時刻表さんには、月額300円くらいの課金・有料でも良いので、継続して頂きたいと、ご連絡させて頂きました。
同様に残念に感じる皆様は、ただ、残念だと思うのではなく、ぜひ、行動に移して頂けますと、良いのではと存じます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で相模原Nゲージ鉄道模型クラブをフォローしよう!

相模電鉄

投稿者の記事一覧

Facebookグループ「相模原Nゲージ鉄道模型クラブ」ではメンバー様を募集致しております。ぜひ下記のフェイスブックよりご申請賜りますと幸いです。(^^)

関連記事

  1. 鉄道と港の「ジオラマ館」 鉄道と港の「ジオラマ館」国登録有形文化財の敦賀・赤レンガ倉庫に広…
  2. 鉄道模型ジオラマレンタル 鉄道模型「出張」イベント用レイアウト貸出レンタル設置(Nゲージ・…
  3. トミックスのNゲージ新発売情報 トミックス「新製品情報」2018年7月のNゲージ新発売予定
  4. 福井電鉄 2018年「青春18キップ」利用特例など特徴や知っておきたいポイ…
  5. 中央線特急チケットレス注意点 特急「あずさ」「かいじ」新型車両チケットレス乗り方 予約変更 中…
  6. E4系新幹線「Maxとき」 Nゲージの新幹線16両編成、勾配やホームの必要な長さなど【Nゲー…
  7. Nゲージ体験運転操作会 相模原市内で「鉄道模型」公開運転操作会(運転体験・走行会・運転会…
  8. JR北海道 JR北海道の大幅赤字がかわいそう 黒字化を考えてみた

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • どくしゃ
    • 2019年 2月 07日

    300円払っても利用したいとは残念ながら思えない。
    なくなる理由を採算が取れないだけで済ますようでは、あまり使っていなかったように感じます。

TOMIX 5594 車載カメラシステムセット E233 3000系
  1. ボンド水溶液の作り方
  2. Nゲージ分割式レイアウトボード「自作DIY」
  3. 地下鉄博物館
  4. JR伯備線
  5. Nゲージ敷設工事
  6. 箱根登山鉄道 2000形 サン モリッツ号 アレグラ塗装 セット TOMIX98006

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ

鉄道コム

スポンサーリンク



PAGE TOP