TOMIX 8609 天竜浜名湖鉄道 TH2100形(TH2109号車・『ゆるキャン△』×天浜線 ラッピング列車)【鉄道模型Nゲージ】

TOMIX 8609 天竜浜名湖鉄道 TH2100形(TH2109号車・『ゆるキャン△』×天浜線 ラッピング列車)

これはもう買いでしょう。
TOMIX 8609 天竜浜名湖鉄道 TH2100形(TH2109号車・『ゆるキャン△』×天浜線 ラッピング列車)
2022年11月頃新発売予定。

さっそく、ジョーシンwebから予約致しました。


スポンサーリンク



トミックスの説明によると下記の通りになっています。

天竜浜名湖鉄道は静岡県にある第三セクターの鉄道会社で、旧国鉄の二俣線を承継し開業しました。
天竜浜名湖鉄道TH2100形は開業時以来の車両の置き換えを目的に登場した車両で、2002年から運行を開始しました。
2021年からTH2109号車に「ゆるキャン△」の特別ラッピングが施されています。

特徴

●天竜浜名湖鉄道TH2100形の車体を新規製作で再現
●2021年から運行中の「ゆるキャン△」ラッピングを再現
●側面窓ガラスにわたって施されたラッピングを印刷で再現
●車番と社紋は印刷済み
●前面表示部は非点灯、行先シール付属
●<4057>島式ホームセット(ローカル型)用の駅名板(浜名湖佐久米駅・気賀駅)シールが付属
●ヘッド・テールライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●ヘッドライトは電球色LED、テールライトは赤色LEDによる点灯
●フライホイール付動力採用
●銀色車輪採用
●TNカプラー(SP)装着済み
●M-13モーター採用
●ミニカーブ通過可能


スポンサーリンク



簡単に「ゆるキャン△」に関して解説致しますと下記の通り。

ゆるキャン△(Yurucamp)は「あfろ」さんと言う漫画家が、現在、芳文社の漫画配信サイト『COMIC FUZ』にて連載している漫画です。
山梨県下部町・身延町あたりを舞台に、本栖高校に通う女子高生たちの日常を描いており、既に累計700万部を超えるベストセラーとなっており、冬季のキャンプ人気を押し上げています。

2018年、テレビアニメ版の第1期放送。
2020年、ショートアニメ『へやキャン△』放送。
2020年、テレビドラマ版(実写版)放送 (主演・福原遥さんが、志摩リン役)
2021年、テレビアニメ版の第2期放送。
2021年、テレビドラマ版(実写版)第2期放送。
2022年7月、劇場アニメが『映画 ゆるキャン△』公開予定

ちなみに映画版では、オムニバス的な内容になる模様。

こんな人気アニメなのですが、第2シーズンでは静岡県内が舞台となり、各務原なでしこ(かがみはら なでしこ)が正月休みに、おばぁちゃん家に行くため、天竜浜名湖鉄道に乗ります。
そして、ユリカモメで有名な浜名湖佐久米駅なども登場すると言う事になっています。(たしか?)

ともあれ「ゆるキャン△」をご存じない方は、下記にておためしあれ。
執筆時点では、アニメ版のシーズン1、シーズン2、実写版ドラマのシーズン1、シーズン2が全編入っています。

Amazon・プライムビデオ (Prime Video)

執筆時点で月額500円(税込)で見放題。
Amazonの速達配送も無料になる。

報告する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。