共同運転会モジュールレイアウト(集合式レイアウト)「A4ミニサイズ規格」(TOMIX版)【相模原鉄道模型クラブ】

相模原鉄道模型クラブ・運転会

相模原鉄道模型クラブでは、Nゲージの集合式ジオラマ(集合式モジュール)に、ご協力頂ける場合、下記の通り、レギュレーション(規定)を定めさせて頂いております。

鉄道模型クラブと致しましては、そもそもの趣旨が、動かない情景(ジオラマ)を楽しむという事ではなく、Nゲージ(鉄道模型)の運転・走行と言う「動くこと」を楽しみ、なおかつメンバー通しのコミュニケーションを図ると言うのが主目的となります。
その鉄道模型の車両は、多少でも、情景が漂う「ジオラマ」のうえを走行できれば、更に臨場感・リアリティもでますが、お持ち寄せのジオラマを繋げる場合には、共通した条件(規格)が必要となります。
そのため、相模原鉄道模型クラブでは、線路などを持ち寄っての、Nゲージ運転会を開催する場合の、モジュールレイアウト(集合式レイアウト)規格(規定)に関して、誠に恐れ入りますが、下記の通り定めさせて頂いております。
サイズ別に「標準規格」(幅60cm)と、小型で持ち運び便利な「ミニサイズ規格」(幅20cm~21cm)の「2パターン」がございます。
このページでは、持ち運びに便利な「ミニサイズ規格」をご案内申し上げます。



なお、集合式ボード(ジオラマ)がないと、運転会に参加できない、必ず必要と言う事ではありません。
レールやジオラマのご持参がなくても、通常の運転会においては、走行車両だけの持参でも、ご参加頂けます
車両のみご持参のメンバー様もおられますし、ジオラマは無く、KATO・TOMIX線路だけご持参でも、問題ございません。

ジオラマにご協力頂ける場合には、下記の通り、基準をお守り頂けることで、他のメンバー様との集合式ジオラマとの接続が可能になります。
ジオラマをご制作される場合、未完成の状態から、接続のテストを行いつつ、調整して行けるとベストですので、制作途中でも、遠慮なく、ご持参願えますと幸いです。

ミニサイズ規格(基準)

・A4縦サイズ (縦297mm x 幅210mm)
 ※許容範囲(縦29cm~30cm、横20cm~21cm)
・TOMIXレールを「複線」で使用 (複線間隔37mm) 
・ボード高さ(線路床の下)は4cm

必要なレールや、レール配置など、詳細は、下記の説明にて、ご確認願います。
ミニサイズは、A4と小型の為、バックに入れて、電車でも運びやすい小型版になります。
ご自宅では、展示台としてもお使い頂けます。

使用線路

TOMIX S140 + バリアブルレール70
各2線(複線) 

ミニサイズに付き、線路は直接で合計210mmとも短め。
ボードは「縦」(A4縦)にて使用。(ボードは横置きでの使用不可)

線路配置は、下記の通りに統一。
※記事中の写真は、クリックすると拡大表示されます。

A4ミニサイズ規格

上記のように、短いため、ミニサイズ規格では、ポイントなどの設置は困難です。

このページ記載事項にそって、間違いなく線路を設置して頂ければ、クラブの運転会にご持参頂き、集合式ジオラマとして設置・運用・走行可能です。
バラストを撒く前に、必ず、線路の接続が問題ないか?、1度、運転会にご持参願います。
未完成状態でも、線路の接続が問題ないか?の確認ができますので、製作途中でも、もちろんご持参願います。
ジオラマ・線路類を運転会で設置する場合には、原則として、朝1番の集合が必要となり、早退は不可になります。(中抜けはOK)

A4ボード

木製板の場合、補強材が無いと、最初の頃は大丈夫でも、数ヶ月してくると「たわむ・しなる・反る」と言う事になりますので、ご注意願います。
ボードは、木製だと頑丈ですが、運搬時に多少重いので、スチレンや、スタイロフォームなどをお勧め致します。
A4サイズ (297×210) ではなく、300×200、295×200など、微妙にサイズが異なる市販品ボードもあります。
そのため、ボードサイズの許容範囲は、(縦290mm~300mm、横200mm~210mm)とご配慮致します。
線路の配置には、気を付ける必要がありますので、線路の固定前に、必ず、高田にご相談願えますと幸いです。
他メンバーのボードと接続が問題無いよう、アドバイスさせて頂きます。

ボード高さ(厚さ)の調整

厚さ4cm(高さ4cm)ピッタリのボードは、なかなか見つからない場合があります。
そのため、4cm未満のボードを用意して、高さが足りない分を、付け足し、調整することで4cmにします。
厚さ2cmのパネルでしたら、2枚重ねて、合計4cmにしてもOK
高さ3cmのA4ボードの場合、ボード底面に、厚さ1cmのスチレンなどを、スノコのように接着させて、合計の高さを4cmに。

(参考例) ジオコレ・ジオラマ素材021-2 ボード A4サイズ 2021年10月発売 定価1650円
※高さ2.5cmなので、底面に、1.5cmの追加を行い、厚さ4cmへの調整が必要

Amazon ポリスチレン フォームスラブ ジオラマベース モデルDIYアクセサリー
※サイズ選択注意 サイズ 295x200x30mm
※高さ3cmなので、1cm分の厚さ付け足しが必要

特別セット販売

ミニサイズに付き、初めてジオラマを作ると言うメンバー様も想定されることから、ご希望の方には、ジオラマのペースになるスタイロフォーム(A4)と線路のセット販売を、高田のほうにて、特別に対応させて頂きます。
線路付きのセットと、線路なしのセットと、2通りご用意致します。
線路なしは、ご自身で、間違いなく、線路をご用意願います。

特別セット内容

ジオラマベース 295×200 厚さ30mm
土台スチレン(スノコ状) 2枚 厚さ10mm

<線路つき・内容>
リレーラーレールS140 2セット
バリアブルレールV70 2セット
※枕木の色はお任せ(調達困難で色違いになる場合あり)

初回頒布 
線路付き1セット(特価) 3000円(税込) ※初回特別
線路なし1セット(特価) 500円(税込) ※2セット目からは1000円(税込)

海外からの取り寄せ品もあるため、在庫が無い場合には、すぐにお渡しできません。
できる限り早く、高田にお申し付け願います。
ジオラマ製作会の直前などでは、準備が間に合いませんので、次回お渡しとなってしまいます。
ジオラマ製作会の際に、手渡し・集金致します。
※事前郵送ご希望の場合には、宅配便1000円賜ります。
お渡し後、持ち帰るカバンなど(汚れても良いバック)を、製作会にご持参願います。

ジオラマ製作会にご参加頂く場合には、別途「支部」となっていますので、支部への所属が必要です。

あると良い設計など

鉄道ジオラマでの最優先事項は「走行安定性」となります。
スケールが小さいため、100%安定させるのは、難しいのですが、脱線が多かったり、走行障害が多い状態ですと、運転会や出展に支障がでます。
走る側も、作る側も、ご配慮のほど賜りますと幸いです。

情景を作る際の向きですが、基本的には、どの方向から見ても大丈夫なようにお願いします。
一定の方角からのみの情景になりますと、組み合わせの際の使用に制限が生じ、適切に運用できないケースが発生することがあります。

情景の東西南北(方角)は、南が手前にてお願い申し上げます。
ボードの手前が南、ボードの右側(バリアブルレール)が東、ボードの左側が西、ボードの上(反対側)は北と言う設計です。
よって、住宅のベランダや、採光の向きは、基本的にボードの手前(南)となります。

設営する際には、2時間以内で、セットできる量にてお願い申し上げます。

ボードの側面を塗装される場合には、濃いめの土の色「濃い茶色系」をオススメ申し上げます。
高田の塗装と、色を統一して頂ける場合には、下記になります。

ホルベイン カラージェッソ詰替用 バーントアンバー A667 300ml

相模大野や町田の世界堂でも販売されています。

q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B007CBZ66S&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=sys0d-22
ホルベイン カラージェッソ詰替用 バーントアンバー A667 300ml

当方のクラブの標準以外の場合(高さが違うなどには)他の方が持参したモジュールと接続するための、モジュールとモジュールの間の部分は、とうぜん「空間」が発生すると考えています。

保管用・収納用・運搬用に、A4サイズのボードが収まる「ダンボール」があると便利です。
ダンボール以外では、100円ショップで売られている、A4サイズの道具箱のようなものでも、良いでしょう。(高さは限定されますが)



初めてジオラマをお作りになられる場合、うまく行かなくても、恥ずかしいことではありません。
むしろ、うまく行かない事の方が多いのが、1/150の世界でございます。
何事も経験を積むことが大切です。



以上、このような集合式ジオラマに関しても、メンバー様、おひとりおひとりのご協力がないと、実現できないものです。
皆様のご理解・ご協力に、深く感謝を申し上げます。
車両だけご持参の皆様も、レールやジオラマ持参の方々に感謝を伝え、お互いに、気持ちよく、お楽しみ頂けることを、願っております。

規格など関して、ご不明な点などございましたら、Facebookグループより、ご質問賜りますと幸いです。

共同運転会モジュールレイアウト(集合式レイアウト)規定・クラブ標準規格(TOMIX版)
神奈川県相模原市でNゲージ共同走行会計画案内【相模原鉄道模型クラブ】
ジオラマ製作会(支部活動)のご案内「相模原鉄道模型クラブ内」
2022年みんなで出展「JAM国際鉄道模型コンベンション」(東京ビックサイト)
当サイトの「最新」記事リスト早見表

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。