KATO 車間短縮ナックルカプラー

KATO 車間短縮ナックルカプラー

連結面の広さ、見た目

標準のカプラーですと、カプラーの大きさ、連結間隔の広さなど個人的に気になる所です

このKATO車間短縮ナックルカプラーは、それを解決してくれるので、
所有する貨物車両は全てこれに交換しています。
自動連結、自動開放ができない事よりも、見栄え重視です。

カプラー交換に向けて

メーカーは、「2軸貨物には対応していません。」と言っています。
今のところ、私の走行させている環境では問題は発生していないので、
2軸貨物へも自己責任で交換し続けています。
S字カープでテストした時は、2軸貨物同士を連結している箇所が脱線しましたので、
走行させる線路配置には注意しています。

カプラーの大きさがこんなに違います。

カプラー交換

2軸貨物への交換では、
カプラーポケットにスプリングが入っていない事があります。
ここへは、先人様達のお知恵を借りてカットした食器洗い用スポンジを詰めています。
接着する方法もあるかもしれませんが、スポンジの方がクッション性が有っていいです。
このスポンジは、百均で5個セットでしたので在庫を使い切る事はないと思います。

ホント、多くの人達のお知恵を借りて鉄道模型を楽しんでいます。

完成です。

車間が狭くなって実感的になりました。

試運転

連結間隔が狭くなったので、
見た目も良くなってかっこいいです。

このカプラー交換はやめられません(笑)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。