KATO 10-1644 E261系「サフィール踊り子」8両セット【特別企画品】入線しました

KATO10-1644 E261系「サフィール踊り子」8両セット 特別企画品

KATO 10-1644 E261系「サフィール踊り子」8両セット【特別企画品】が入線致しました。
2021年3月23日に新発売された鉄道模型Nゲージの車両でして、もともと、購入するつもりは、無かったのですが、緊急で手配し、入線致しました。

KATO10-1644 E261系「サフィール踊り子」8両セット 特別企画品

カトーの説明によると、10-1644 の商品概要は、下記の通りです。

サフィール踊り子8両セット特長

・美しい伊豆の海と空をイメージしたカラーリングで再現
・特徴的な先頭形状、開放感のある天窓、光沢感のある美しいグラデーション帯を再現。
・各車両の天窓とボディが段差なく一体になった外観を再現。
・前照灯・標識灯や、食堂車での特徴的なテーブルランプ・壁面下部照明を実感的に点灯。
・イスは1号車…灰色、2~3号車…茶色、4号車…濃茶、5~8号車…ベージュで再現。
・連結器は先頭部が密連形ダミーカプラーを装備、中間部はボディマウント式のKATOフックなし密連形カプラー標準装備。
・ヘッドライト/テールライト標準装備。前照灯・標識灯のLED点灯状態や、食堂車サシE261の車内で特徴的なテーブルランプ・壁面下部照明を実感的に点灯
・フライホイール付モーター搭載で、安定した走行が可能。DCCデコーダ取付に対応
・特別企画品は、特別装丁のスリーブに青色の8両ブックケース仕様。

KATO10-1644 E261系「サフィール踊り子」8両セット 特別企画品

別売対応オプション
●LED室内灯クリア(電球色) 品番:11-213
●LED室内灯クリア(電球色)(6両分入) 品番:11-214

実車のサフィール踊り子は、2020年3月のダイヤ改正で登場したE261系で、東京~伊豆急下田間での特別急行列車(観光特急列車)になっています。
その2020年4月4日に、1日限りの臨時列車として、なんと、JR橋本駅から相模線・茅ヶ崎経由で、伊豆急下田まで出発する予定でした。

伊豆クレイル1号相模線

そもそも、単線であるJR相模線の線路を、特急車両が、走行するのは、とても貴重です。
予定されていた時刻表は、下記の通りです。

伊豆クレイル1号 橋本(5番線)10:36頃発 ・ 海老名(1番線)11:08頃着/11:12頃発 ・ 伊豆急下田14:11頃着
伊豆クレイル2号 伊豆急下田15:23頃発 ・ 伊東16:26頃着/16:34頃発 ・ 小田原17:29頃着


スポンサーリンク

発売開始と共に、予約を入れたのですが、ぜんぜん、指定券、取れなかったと記憶しています。
しかし、新型コロナの緊急事態宣言を受けて、運行そのものが、中止になってしまい、まぼろしとなりました。
そんな思い出がある、特急なのですが、1度は、乗車してみたいと、色々と、画策はしております。
その前に、10年ぶりくらいに、小田急ロマンスカーを、新宿から箱根湯本まで、乗車させて頂く予定でもありますが・・。

↑ 価格を見てみる (もう在庫ないかも?)

さて、サフィール踊り子の車両ですが、相模原鉄道模型クラブの運転会などに、持参するような予定はありません。
そもそも、非電化主体ですのでね。
あと、室内灯も、入れない予定です。
そもそも、サフィールは、窓が黒い(黒いスモーク)ので、室内灯入れても、あまり意味が無いように感じます。
ただ、客車の上のほうにも、窓があるので、室内灯はあったら、あったで、良い物になるかと考えます。


スポンサーリンク

ともあれ、ほとんど、触ることなく、室内灯も入れないで、当面、お蔵入りさせておこうと存じております。

小田急電鉄1910形(2000形)特急仕様(鉄コレ)3両セット事業者限定
箱根登山鉄道 2000形 サン モリッツ号 アレグラ塗装 セット TOMIX98006 Nゲージ 鉄道模型 (トミックス)
当サイトの「最新」記事リスト早見表
小田急ロマンスカーミュージアムの解説 (海老名駅) ~小田急特急車両などの鉄道博物館
伊豆・下田へは特急が最速「サフィール踊り子」/伊豆急「リゾート21」黒船電車はどうやって乗るの?
相模原鉄道模型クラブ

報告する
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。