パワーパック共有使用「高出力パワーパック協力金」&「4線以上ボード設置協力金」詳細説明 (相模原鉄道模型クラブメンバー様向け)

いつも、相模原鉄道模型クラブの活動に、ご尽力・ご理解を賜りまして深く御礼を申し上げます。
2020年からの高田主催運転会の公式開催にて採用する「パワーパック協力金」の趣旨に関し、ご質問などもございましたので詳しく解説させて頂きます。
パワーパック協力金は朝9時の準備段階より最後まで、誰もが使いやすく高出力のパワーパックを「共同使用」のために、ご準備頂けた場合には、周辺準備も含めた様々なご好意に報いるため、少しではございますが協力金を分配させて頂くものとなります。
また、2022年5月からは新たに4線以上ボード設置協力金を新規・追加させて頂きます。

改正点

2022年5月の運転会より、下記の通り改正致します。

・パワーパック協力金を最大2台までから最大1台までに変更
・4線以上ボード設置割引を新設

2021年12月の運転会より、下記のように、改善を図りましたので、ご確認申し上げます。

・非公式開催(臨時開催)でも、パワーパック協力金を適用 (高田主催の運転会は、すべて適用へと拡大)
・複雑な計算式を廃止 (計算に当日時間が掛かるのと、高田主催の運転会すべてへの適用のため)
・最低1台100円以上の100円単位 (最大2台まで)

詳細説明・該当機種・経緯

2020年から、高田主催の公式運転会においては、新しく「高出力パワーパック協力金」を支給するものと致します。

集合時間から終了時間まで「フルタイム参加」においてのご協力時に限ります。

朝1番から最後までフルタイム必要
※遅刻や時差出勤・早退の場合は対象外

1.2A以上のパワーパック持参が対象
※1.0Aや0.6Aなどは対象外

最大1台分まで

高出力パワーパック協力金は、会場に設営した本線にて使用する、高出力(1.2A以上)、ツマミ式簡単操作のパワーパック(電源ユニット)になります。
機種は下記の物が対象です。

パワーユニット共有使用「協力金」支給
★対象パワーユニット
TOMIX N-1001-CL
KATOパワーパックスタンダードSX
KATOパワーパック ハイパーDX
コスミック CP-1100N クラシカルパワーパック
※その他、1.2A以上のマスコンつまみ形も可能(ご相談を)

q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B001V7SDXW&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL110_&tag=sysj999-22  q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B0778KMP3H&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL110_&tag=sysj999-22

2019年までは特に定めは無く、ご持参に協力して頂けた方のパワーパックを、1.0A、1.2Aなども関係なく、設置・共有使用にご協力頂いておりました。
ご協力ありがとうございます。
本線数も、少ないため、それでも、あまり問題はありませんでした。

2020年からは、感染防止対策の観点から、マイ・パワーパックとして、持参して頂いて、運転の都度、パワーバックもセットのうえ、操作をお願いしていました。
ご持参、感謝申し上げます。

2021年からは、メンバー様増加に対応するため、本線数を増やします
そのため、大原則として、運転順番を「タスク管理」致します。
これには、下記のような不平等などを改善したいと言う理由がございます。

・KATOレールで走行させたいけど、TOMIXパワーパックしか持ってないので、運転会でも、トミックスレール組ばかりで走行させている。
・TOMIXレールで走行させたいけど、KATOパワーパックしか持ってないので、運転会でも、カトーのレール組ばかりで走行させている。
・運転する順番を遠慮してしまう
・使用頻度の低い路線が出てしまう
・交代時の準備時間が長く、無駄な時間が発生する (走行密度が低下する)
・結果的にメンバーどうしのコミュニケーションも偏りがちになる

これらの要因を打開するため、高田の公式運転会では、運転タスク管理にて、自分が運転操作したい本線を「自由選べて」好きな路線で走行できることを目指します。
しかし、レールにあったパワーパック(KATO線路ならKATOのパワーパック)を持っている/持っていないにより、運転できない路線も出てしまいます。
実際に、クラブとしては、TOMIXのパワーパックでも、KATOレールを走行できる準備(変換など)は、メンバー様のご厚意などにより、行っております。
しかし、現実的に、パワーパック持参だと、自分が持参したパワーパックに適した路線を選択してしまうケースが多く見受けられ、参加者様よって運転路線が偏ってしまう場合がございます。
また、せっかく、皆様が、持参したレールで周回を組んで頂いても、自分が組んだ線路やジオラマを中心に走行させてしまう・・・。
これらの諸問題を、少しでも打開するのが「タスク管理」であり、自由に線路を選びやすくするための処置が、高出力パワーパックの「共有使用」でして、条件通りに、ご協力頂けた場合には協力金を分配するものとなります。
なお、タクス管理することで運転順番が明確になることから、次の運転者の準備など交代時の時間短縮にも繋がり、結果的にひとりひとりの運転機会が増えるものと推測しています。

1.2A以上の理由としては、16両など長編成、機関車の重連など、幅広く対応するため、高出力である1.2A以上のパワーユニットでの共有使用をお願いするものです。
ツマミ式・ダイヤル式タイプに関しては、初心者さま、お子様などでも、誰でも問題なく操作ができる機種として限定するものです。

1.2A以上・ツマミ式のパワーパック共有使用にご協力頂ける場合には、下記の周辺機器類も必要となります。
当日の設営状況によっては、使わない場合もおおいに考えられますが、使用する場合に無いと困りますので、大変恐れ入りますがご準備にご協力頂けますと幸いです。

D.C.フィーダー、DC延長コード、DC分岐コード、100V電源延長コード、消毒液、使い捨て手袋(1台10枚以上)

このように共有させて頂くための準備も、そのメンバー様のご負担も必要なことから、指定の高出力パワーパックを、朝9時の設営時からお持ち頂けた場合には、最大1台分まで、パワーパック協力金を支給するものとなります。

想定される質問は下記のとおりです。

想定される質問・回答

よくある質問ではありませんが、想定される質問と回答を集めてみました。

自分でも運転会を主催したいのですが、同じく協力金などの体制を整えないといけませんか?

パワーパック協力金は、高田が主催した運転会などでの規定でございます。
そのため、他のメンバー様主催の運転会などでは、適用されないものと認識しております。
ただし、同じように、朝1番からの準備に感謝する意味を含めて、採用して頂いたり、改良版を講じて頂くなどは問題ありません。

パワーパックの共有化は、感染防止対策にならないのでは?

2020年からは、各自パワーパックをご持参頂くことで、感染防止対策としていました。
しかし、現実的に、DCフィーダーの線には、さわらないと、差せないなど、それでも、100%接触機会を無くすことはできません。
それでしたら「使い捨てビニール手袋」を、着用の上、操作して頂いたほうが、より、感染防止に繋がると判断しています。
その場合、きちんと手袋をする上での使用に至っては、パワーユニットは「共同」で使用しても、問題ない訳でして、交換時間の無駄も無くす効果もあることからパワーバックは共同使用することに致しました。
もちろん、消毒液も併用致しまして、より、感染拡大防止が図れるように、皆様にご協力頂いております。
新型コロナの最初の頃の対策方法や発表内容はその後覆っており、最新の発表では新型コロナは「空気感染」が主でして、手などの接触による感染リスクは低いと見られているようです。
いずれにせよ、感染を100%防止するのは困難ですが、引き続き可能な限りの対策を講じて参ります。

具体的に本線の数は、何線になりますか?

当日の会場大きさ、テーブル数によって異なりますが、標準で12線前後のコース設営を想定しています。
ただし、当日の参加予定者が10名しかいない場合には、10線に留めるなど、調整する場合があります。
また、指定の高出力パワーパックが、当日、8台しか集まらないと言う場合には、本線使用は8線にするなど調整する場合があります。
理想としては、ひとり1線の確保ができ、運転できない時間(待ち時間)が、発生しないことを目指しますがなかなか困難です。

本線とはなんですか?

本線(ほんせん)とは、運転タスク管理する線路のことを言い、参加者やゲストなどが、好きな線路に、順番で、車両を走行させることがきる路線(コース)のことを言います。

例えばですが、高田のジオラマで、高田だけが走行させる単独線路がある場合には、本線には該当しませんので、パワーパックも共有金対象にはなりません。(他メンバー様のボードと繋ぐ線路は、本線になります。)
自分が持参したレールで周回を作って、自分だけが走行させる線路(単独使用)も、本線には該当しないため、パワーパック協力金は支給されません。
自分の線路だけで組んだ路線に関しては、このように、自己使用での専用線も可能ですが、自己線は所有者のご好意により、他のメンバー様も、走行可能として頂く場合には、運転タスク管理の路線に入ることでパワーパック協力金も支給対象となります。
※操車場・転車台などの場合、繋がっている本線に、電気が流れないように、必ず「ギャップ」をお願いします。

1.2Aのマスコン型(ハンドル型)でも、協力金対象ですか?

操作が簡単で、小学生でも、初心者さま、初めての方でも、問題なく使える「ツマミ型」(ダイヤル型など)の1.2A以上が、協力金対象になります。
そのため、ハンドルタイプ(ハンドル型マスコン)、ブレーキとパワーが分かれているマスコンタイプなどは、ご持参頂けますが協力金は対象外です。

無線型やマスコン型など、指定以外のパワーユニットは使えますか?

パワーユニットは、協力者さまのを固定設置し「共同使用」致しますので、基本的に、指定の高出力パワーパック以外のご持参は不要です。
ただし、自分が持っている他のパワーユニットで運転操作したいなど、ご希望を妨げるものではありませんのでご持参頂いても大丈夫です。
しかし、そのパワーユニットは、協力金の対象外となりますので、ご容赦願います。
なお、指定品以外は、自己使用となり、共有配線などの使用もできません。(共有パワーパックを、外して、自分のを、つけることはご遠慮願います。)
本線に設置済みの共有パワーパックの設備は、そのままで、お願いします。(電源だけオフに願います)
そのため、本線に追加設置するDCフィーダー(KATOの場合DC付き線路など)や、100V電源延長コードなども、ご自身のパワーパック使用に、あわせてご持参願います。

朝11時の来場でも協力金対象ですか?

共有使用するため、自分がいるときだけ、1.2Aのパワーパックがあれば良いと言う事にはなりません。
朝9時からのレール・ジオラマ類の設営において、配線も行うことから、早い段階から、当然、共用パワーパックも必要となります。
そして、終了まで、ずっと、指定のパワーパックは共有使用されます。
そのため、誠に恐れ入りますが、遅刻や、朝11時などの時差来場などで、指定のパワーパックをご持参頂いても、協力金の支給にはなりませんので、ご容赦願います。
朝の設営作業は1時間30分~2時間程度、その日の中では、一番、忙しく対応が必要です。
もし、協力金対象としてご準備頂ける場合には、恐縮ですが、朝9時集合に、ご協力頂きまして、テーブルセット、電源コード準備などできる作業を進めて頂けますと助かります。
朝に集まったパワーパックの数にて、本線設置の線路数を、決定致します。

自分が用意した指定のパワーパックは使われませんでしたが協力金はもらえますか?

朝9時の段階で、ご準備頂きました指定の高出力パワーパックに関しては、共有設置した、使わなかったを問わずに支給対象と致します。
使わなくても、故障時の予備機として、備えさせて頂けますと幸いです。
基本的には、指定の高出力パワーパックの数だけ、線路数を設置できればと、願っております。

変換ケーブルを用意していますが、協力金はもらえますか?

正直なところ、高田も、TOMIXパワーパックで、KATOレールに繋げる変換ケーブルを、いつも準備して持参しています。(未開封のままです)
御厨様も同じでして、渡邉さまに至っては、いつも4本も、変換をご用意頂いております。
他にも高田も知らないところで、色々とご準備を頂いているメンバー様も、おられることでしょう。
このように、特に、パワーパックをご用意頂くようなメンバー様は、見えないところで、万が一のためにと、準備を怠らず、独自に考えてご準備頂いているのが実情です。
そのため、せめて、パワーバックの部分で、日ごろのご厚意・ご負担に感謝しつつ、少しだけですが、還元するのが、パワーパック協力金となります。
しかし、これだけの長さの延長コードを、何本持ってきた、自分は、共有使用してもらう、ポイントコントローラーもたくさんなど、すべての部分まで配慮するのは計算や基準も複雑になってしまいます。
そのため、大変、申し訳けありませんが、絶対的に、運転操作に、欠かせず、参加メンバー様が、必ず触れる部分として、指定のパワーパックだけの協力金になりますことご理解賜りますと幸いです。

6台の指定高出力パワーパックを持って行けますが6台分もらえますか?

協力金は、朝9時集合のメンバー様おひとり、最大1台分までとさせて頂きます。
例えば高田もたくさん持っていますが、持ってきて頂いた分、全部を対象にしますと、たくさんもってきた方ばかりがたくさん協力金を得て、実質、支払った参加費よりも、もらえた協力金のほうが多くなってしまったりするケースも出てきます。
また、特定の人の負担に、頼ってしまう部分も、更に大きくなってしまいます。
全員の協力があって、成り立つ運転会でございます。
できないことまで行う必要はありませんが、ひとりひとりの可能な事は、ちょっとだけでも多くの方にご協力頂け、また、他のメンバー様に感謝の気持ちを、きちんと伝えて頂けることを願っております。

レールをたくさん持って行きますが、レールの協力金は無いのですか?

大変申し訳ありませんが、レール部分に関しては、ご用意数などの確認と計算が、複雑になってしまうのと、レールがあってもパワーパックが無いと走行できないため、指定のパワーパックの部分にて評価し協力金支給とさせて頂きます。
本来であれば、すべてのご用意品に関して平等にできると良いのですが、申し訳ありません。
指定のパワーパックにて、計算させて頂きますこと、ご理解賜りますと幸いです。

なんで0.6Aや、1.0Aのパワーパックはダメなのですか?

自己使用する分には、どのようなパワーパックでも構わないのですが、他のメンバー様も共同使用するため、自分以外の皆様にも配慮が必要となります。
そのため、みんなが問題なく使えるパワーパックには注意が必要です。
例えば、中古などで買えたりする昔のパワーパックは、現在、最新で発売されている車両には、相性がよくないと申しましょうか、車両のLED回路などを破損させてしまう恐れもあります。
また、0.6Aなど出力が低い場合には、16両編成・重連などでは、パワー不足になる可能性があります。(これも車両による部分もある)
1.0Aでしたら足りる可能性は十分にありますが、ジオラマの場合、線路の状態によっては、通電の不良個所(通電が弱くなるなど)も発生しやすいこともあります。
1.5Aなど更に強力なパワーパックだと車両によっては回路を破損させる可能性もあります。
そのため、現在、手に入る高性能な部類の1.2Aであれば、問題が一番発生しにくいという事で、なおかつ、誰でも操作できるツマミ式・ダイヤル式タイプを指定品と定めさせて頂いております。

指定の高出力パワーパックは、持っていませんが、運転会は参加できますか?

もちろん、ご参加頂けますので、遠慮なく参加予約頂けますと大変うれしく存じます。
原則として、パワーパック類は2019年までのとおり、お持ち頂ける方へのお願いでしてご持参は不要です。
そのため、遠慮することはまったくありません。
協力金は、きちんと準備して頂けるメンバー様に、2021年から僅かではありますが、レール持参も含めクラブへの貢献に対しての、ご好意に報いるためのものですのでご理解・ご協力賜りますと幸いです。

4線以上ボード単独設置協力

2022年5月より適用
日頃より、線路数の増加に顕著な貢献を賜っているメンバー様への新たな割引きを新設。
下記の4点すべてをクリアすることが割引条件となります。

・ひとりで複々線(4線周回)以上の集合式ジオラマ・単独ジオラマ・ボード設置
・設置スペースや使用テーブル数など事前に相談して頂けた場合
・2時間以内に設置完了
・線路で使用するパワーパック(1.2Aつまみ型)も線路数分すべて自前で用意

※本線(周回線)以外の線路(待避線など)のPWは1.0A、0.6Aなどでも可
※お座敷タイプのレールだけ設置は対象外

参加費200円均一

※割引後の額はパワーパック協力金を含む額です。その他割引(タスク管理・投稿者割引など)は更に適用致します。

経緯

高田の運転会では2022年3月運転会にて20線に至るなどメンバー様のご尽力に深く御礼を申し上げる次第です。
しかし、20線のうち16線は、僅か3名のメンバー様に頼っているのも事実となります。
その3名にはボード制作だけでなく、レールやパワーパックのご用意も含めて、費用・運搬など大きく負担をかけております。
しかし、充分に報いることもできずにおり、他の参加者との差も拡大しつつあります。
また、淵野辺会場はテーブル数が36台と増強され、今後、よりジオラマ数を充実できることから、更なるご負担をお掛けする事態も想定されます。
そのため、高田の運転会ては、些少ではございますが、2022年5月の開催分から新たな割引を新設させて頂くことに致しました。
参加費無料になるだけでは到底足りない事と存じますが、少しでも報いるため最大限の補助とさせて頂きます。
また、他の参加者さまもどうぞご理解のほど賜りますと幸いです。

なお、単独設置ご希望の場合には事前の「リクエスト受付」となります。
運転会参加予約時にリクエストがない場合や、もしくは事前に高田にご相談がなかった場合には、設置できるスペースが確保できない場合もありますので、事前リクエストにご協力願います。


スポンサーリンク



対象外の事例としては、お座敷タイプのレールだけ設置、1~3線の単独設置、パワーユニットを1個でも他メンバーから借りる、事前にスペースのリクエストがなかった、2時間以内に設置が完了しない場合など

他にご質問などございましたら、Facebookグループの投稿欄より、遠慮なくお寄せ願えますと幸いです。
以上、ご理解・ご協力のほど、賜りますと幸いです。

TOMIXパワーユニットとKATOパワーパックの違いと互換性解説