クラブ活動・運営「分担協力」のお願い

お世話になっております。
高田でございます。
お陰様で、メンバー様も増えまして、運転会も少しずつ参加者が増加しております。
いつも、ご理解・ご協力賜り、本当にありがとうございます。

今後の計画と致しましては、1度、実証実験として、短時間参加が可能な時間予約での走行(レンタルレイアウトのスタイル)も、設定し、朝から夕方まで拘束されず、参加費も軽減となる方式も、試したいと存じております。

しかし、2022年国際鉄道模型コンベンションへの出展計画と調整も控え、高田個人の負担が、これまでの10倍程度、大きくなると予測しております。
大変心苦しいのですが、このままでは、様々な弊害が生じ、最悪、運転会の主催も企画する準備時間も、取れなくなってしまう恐れも出て参ります。
何かをセーブすることで、メンバー様が減少したり、新規入会者様が無くなったり、運転会が減ったりするのは、不本意です。
そのメンバー様管理やサポート対応などに、費やす時間分を、月3000円などの会費を頂ければ、もう少し、手厚く可能は可能ですが、できれば、会費は引き続き、無料を維持したいと、節に願っております。
しかし、会費無料にて継続するためには、皆様、ひとりひとりのご理解とご協力を賜らなければ、無理な部分もございます。
そのため、誠に恐れながら、多少の「役割分担」を、メンバー様、ひとり2点だけでも、構いませんので、お願いをできますと幸いに存じます。

これまでは、ご協力を任意としておりましたが、今後、下記のような部分を重点的に、ご協力頂けますと、更に会員様が増加しても、なんとか、年会費無料で、来年以降も、続けられます。
最近、ご入会されたメンバー様は、難しいところがあるかも存じませんが、具体的に、メンバー様に、ご協力頂ける部分を、いくつか、挙げてみました。
強制ではありませんが、ご協力頂ける方には、ご尽力を賜りますと幸いに存じます。
ご入会したばかりの1年目は、よくわからず、無理でも仕方ないですが、2年目以降のメンバー様は、特にご検討頂けますと幸いです。

運転会などの企画実施

運転会の主催は、メンバー様であれば、誰でも企画・実施可能です。

以前より、協力者様を、お願いしておりますので、最重要項目として、トップに明記させて頂きます。
高田も開催しない訳ではありませんので、頻度はお任せ致します。
具体的な、運転会の方法などは、これまでの実施にて、ある程度は、見本として、示すことは、できたと存じます。
なお、クラブでは、年会費がありませんので、開催費用が生じた場合には、その都度回収が必要となります。
赤字分をクラブで補填することは、できませんので、開催設定にご注意願います。(赤字分は主催者の自己負担です)

運転会も、参加者さまが増えれば、会場規模も大きくしたり、備品準備などの経費も、人数が増えれば増えるほど、大きくなります。
一見すると、人数が増えた場合、ひとりあたりの負担が減るように感じられるかも知れませんが、アナログ開催のため、その逆でして、全体経費は上昇しやすいです。)
これには、感染防止のためには、会場の広さが、とても重要になっていると言う部分もあります。
更には、会場が狭くて定員が低く、満員で参加できなかったと言う事は、極力避けたいところです。
また、いつも利用している会場の利用料も、値上げされるなど、出費面では、運転会参加者さまに、ご負担増でご迷惑をお掛け致しますこと、重ねてお詫び申し上げる次第です。

なおかつ、高田主催の運転会ばかりでは、内容じたいが、皆様ご自身に、適さない場合もあるかと存じます。
あえて申し上げれば、皆様、ひとりひとり、理想とする運転会のある方と言う、お考えもあることでしょう。
例えば、夜景モードの運転会など、あるといいな?と思う場合には、誰かにやってもらうではなく、ご自身で実施して願えれば幸いです。
ぜひ、ご自身がやってみたい、運転会を、実現して頂ければと願っております。
クラブとしても、多彩な内容での開催になりますと、大変ありがたく存じます。

実際、運転会の開催では、仕事の時間を削って、契約に出向いたり支払いに行ったり、参加者様管理や、キャンセルなどの対応をしたりと、管理面の負担が大きいです。
高田も、管理費が欲しくて、何度も、開催している訳ではありません。
ぜひとも、運転会などの主催には、メンバー様にも、ご協力を賜りたいところでございます。

メンバー様による運転会などの企画・立案について

相模原以外での開催でも、ぜんぜん、問題ありません。
時間の都合さえ合えば、高田は、静岡でも千葉でも、遠征させて頂きます。

個別サポートスタッフ

年会費無料を維持するため、入会方法を指定したり、運転会予約方法を一元化したり、連絡・管理に無料で使えるFacebookグループを使用し、情報量が多い伝達事項では、web掲載と、ご配慮しております。
そのため、なんとか、年会費を頂かずに3年継続しておりますが、その反面「運転会への予約方法がわからない」「Facebookの操作がわからない」と言った、弊害も一部、散見されます。
特に、運転会の案内ページを、ご覧頂けても、その先の、予約方法が不明との理由で、1度も運転会にご参加が叶わないメンバー様がおられるのは、とても心苦しいところです。
皆様から会費を頂き、月1万円などの管理システム代を高田が支払うことができれば、もっと優れた仕組みを利用できますが、現在の無料利用の仕組みでも、大半のメンバー様は、お願いしている手順で、ご予約頂けているのも事実ですので、システム的には問題ないと考えております。
しかし、ご予約が送信できないと言う事は「わかりにくい」と言う面があるのも事実でしょう。
かと申しまして、予約方法が不明の方を、除外するようなことまでは、避けなければなりません。
しかし、そのご不明な操作方法など、すべて、高田で個別対応するのは、年会費無料では無理です。
何度も何度もやり取りが生じ、そのたびに、疲弊します。
今回の説明でもそうですが、誰にでも、わかりやすいようにと、記載しますと、その分、細かくなってしまい、文字数が、多くなっています。
新しい携帯電話の新プランが、すべてオンラインで対応し、電話サポート・店頭サポートが無いため、お安くできるのが、よくわかる次第です。
高田自身も、普段、自分でわからない・できない事は、有料でも代行で頼んだりすることがありますし、誰かに聞くこともあります。
そのように、操作サポートを充実させた場合には、どうしても、その経費を頂く必要が生じてしまいます。
でも、操作サポートが必要だから、年会費を頂くと言う事は、真に不本意です。
よって、不明なところがあるメンバー様を、わかるメンバー様にて「サポート」して頂ける「会員向け問い合わせ窓口」となる、新たな互助体制も、整えたいと存じます。
サポート協力して頂けるメンバー様も、複数名、募集致します。
Facebookにメンタリング機能がございますが、アドバイスできるのに、遠慮して、回答されないメンバー様もおられると、非常に困ります。
そのためにも、担当をハッキリさせたいと存じます。
例えばですが「不明な事があればサポート致します」と、定期的にFacebookグループにて「パトロール」して頂き、その都度、無償で、ご対応頂けますと助かります。
もちろん、サポートスタッフでも、わからないこと(高田にしかわからないこと)が発生した場合には、高田が、きちんと対応させて頂きます。
サポート体制が整えば、細かな説明を、省力でき、もっと、分かりやすい運転会案内にも、できると考えております。

新規入会の受付窓口

新規入会の受付窓口を担当して頂けるメンバー様も、若干名、募集致しております。
高田が新規募集・受付担当を、しないと言う事ではなく、担当を増やす(窓口を増やす)ことにより、分担できると考えております。

せっかくご入会頂いても、運転会の開催を告知している、肝心の、Facebookグループを、閲覧しない(閲覧できない?)メンバー様が多いのが、最大の悩みです。
原因としては、下記の事項が考えられます。
これまで入会方法を簡単にしすぎていた。
年会費無料にこだわっているため、適切な入会方法になっていない。(コストとの戦い)
また、運転会説明なども、小さな「スマホ画面」で、ご覧頂くことが多く、説明もすべてお読み頂けていない、読んでも小さい画面の為、頭に入りにくいという、理解不足が生じていると考えております。
これらは、ひとえに、高田が採用している方法が、適していないとも言えますので、深く反省するところです。
とは申しましても、毎回、入会希望者と、お会いして、丁寧にご説明するのも、困難です。
そのため、現在、入会前の説明を、強化しております。
入会後に、どのような対応が必要か、詳しく説明したうえで、ご入会頂いております。

また、入会管理システムじたいを、Facebookではなく、アプリを使ったり、別のシステムにすることも、何十時間もかけて、検討を続けて参りました。
しかし、無料で使えるFacebookグループを、メインとして会員管理するのは、無料運営としては、今のところ、理にかなっており、長く使用することもできると判断しております。
50名程度の無料管理では、これ以上の、良い方法がないと、言うのが現状です。

よくありがちなメンバーの知り合いでないと、入会できない、何回か参加しないと、入会できないと言うような、方法だと、管理としては、とても楽なのですが、できれば、そんな、閉鎖的なことは、したくありません。

そのため、より、理解を深めて頂けるよう、現在、入会希望者さまには「入会案内書」(5ページ)の印刷物(書面)を、用意して、お読み頂く方式を取っております。
印刷費用・郵送費などは、高田が負担しているのが現状です。
Wordのソフト代も考えると、毎年、1万円以上の自己負担を行っております。
現在、実際には、ステッカーを購入して頂いた方に、入会案内書を同封する、通販方式にてお送りしております。

ただし、入会窓口(受付者)は、高田以外に、入口が、いくつ、あっても、当然、良い訳です。
そのためには、他のメンバー様も、追加で、ご担当になって頂くなどのご協力が必要だと感じております。
ただし、入会してみたら、話が違ったと言う事が、無いように、入会時の説明を、きちんと、行って頂く必要があり、入会窓口の方にも、説明責任が生じます。
その補助ツールとして、書面の入会案内書を、共通使用(提供)して頂くことは、大前提となります。

どのように入会希望者を、募集する活動をなさるかは、自由ですが、原則としての入会金なし・会費なしは、現時点では、変更できません。
また、説明内容が、バラバラですと、いけませんので、書面の入会案内書を見てもらうのは、当面、統一したいと存じます。
そのため、入会案内書の印刷など、入会受付に経費が必要な場合には、入会窓口となって頂く方の100%ご負担となってしまいます。
入会申込先(手続き方法)は、Facebook管理の為、統一し、別の方法は、あり得ません。

以上、入会を受付し、入会案内書を郵送や手渡しして頂き、Facebookグループに招待する直前までの、入会手続きご説明(メール・オンライン・郵送など手段はお任せ)を、対応して頂ける、メンバー様を募集致します。

なお、この入会部分に関しては、現行の相模原鉄道模型クラブに、固執している訳ではありません。
例えば、東京支部を作ったり、別組織として、姉妹クラブ・提携クラブとして、東京鉄道模型クラブ(仮名)を創設して頂いて、入会じたいを分けて頂いて、運転会を共同実施するなども、ご相談に応じることができます。

メンバー自己紹介担当

メンバー全員の自己紹介をweb掲載するまでの担当者を1名募集致します。
これも、高田ではずっとやりたいと思っているのですが、時間が取れず、いまだに実現できていません。
新規入会者様も含めて、メンバー全員に、自己紹介の文章を依頼して、サイトの1ページに、まとめて、掲載するまでを、お願いできますと幸いです。
全員の自己紹介が揃ってから、一挙掲載と言うよりは、自己紹介の返信があったら、順次、ページに追記するような感じで、良いかと存じます。

運転会案内「未確認者」への連絡

運転会案内「未確認者」への連絡を担当して頂ける方も、1名様限定でご協力頂けますと幸いです。

Facebookの仕様のため、なかなか難しい部分があり、無料で使える以上、仕方ないところもあるのですが、あまりにも幽霊部員が多すぎると言うのが現状です。
ただし、新しく採用した、書面の入会説明書を、郵送する(請求を受ける)ことで、ある程度、本当に、運転会に参加したい人の、集まりにと、適切な状態に、今後、変化していくものと考えております。
また、既存会員さまで、全く、反応がみられないメンバー様に関しては、高田の方で、2021年6月末を目途に、2回目の幽霊部員対策を講じております。
予測では、70名のメンバー様が、30名程度に減るものと、推測しています。
その確認部分も、一部、兼ねるのですが、運転会案内に「いいね」をつけていないメンバー様に、運転会案内や、重要事項が配信されましたので「見てね」と、個別に、メッセンジャー連絡を、行って頂けるモデレーターが、1名、おられますと、助かります。
<注釈> モデレーターとは、Facebookの公式用語で、グループ管理補助の事を言います。
高田のほうで、そこまで、手が回らないため、年間通じて、補助して頂けるメンバー様が、おられますと、助かります。

以上のことが、無理でも、他にもご協力頂けることがございます。
経費が掛かることが、困難でしたら、ぜひ、下記だけでも、ご協力頂けますと、うれしく存じます。

ご自慢車両などの紹介記事投稿

ご自慢車両などの紹介記事コンテスト企画 (賞金つき)

詳しくは下記よりご確認願います。
ご自慢車両などの紹介記事コンテスト企画 (賞金つき)
※パスワードは いつものです

上記にご協力頂くだけでも、助かります。
まず、ご協力に感謝する意味でも、今回は、コンテストとして、賞金にて還元させて頂きます。
次年度からは、まだ、未定ですが、運転会参加費が、かさんでいることから、例えば、学生様の運転会参加費用を「割引」させて頂くような形で、還元することができれば、良いなとも漠然と考えております。
しかし、これも、皆様、おひとりおひとりの、ご協力がなければ、そのような、還元もできない訳です。

会費を頂かずに、維持して行く場合ですが、もし、今後も、ご協力が乏しい状況では、例えば、2年目以降でご協力がない方だけ、運転会参加費を高くするなど、金銭的な部分で、ご協力を賜るなど、嫌なやり方を、行う必要性も、検討しなくては、ならなくなります。
できれば、そのような事は、したくありません。

運転会参加は、引き続き、参加強制なし
会費も引き続きご負担なし

これを、来年以降も、継続するためにも、ぜひ、ご理解・ご協力のほど賜りますと幸いに存じます。

KATO集合式ジオラマ規格

高田のほうでは、手一杯のため、集合式ジオラマは、TOMIXレール向けとなっております。
しかし、KATOレールが中心のメンバー様もおられますので、KATOレール仕様の集合式ジオラマもございますと、より一層、運転会も花が咲きます。
KATOレールの場合、T-TRAKジオラマコンテストに出展できる規格と同じ内容が、ベストだとは存じますが、主導して頂けるメンバー様も、募集致しております。

後記

私、血液型は、B型ですので、本来であれば、おおざっぱな性格でして、こんな、細かいことを申し上げるような人間ではありません。
ご協力がなければ、不本意ながら、色々と制約もある、高田の独壇場となってしまい、皆様を巻き込んでしまいます。
それが、皆様全員が、望んでおられる事とは、到底、考えられませんので、メンバー様が増えていく以上、ご協力頂ける箇所は、今まで以上に、ご尽力を賜りますと幸いに存じます。

上記は、可能であれば、2項目、くらいは、ご協力頂けるとありがたいのですが、もちろん、強制ではありません。
自分に協力は無理とお考えになられる場合には、運転会だけでも、積極的にご参加頂けますと、それだけでも、救われます。
もちろん、自主性を重んじますが、分担して頂けるところは、分担して頂きまして、より一層のご理解・ご協力のほど、賜りますと幸いです。

<追記> これは、個人的なお願いですが、高田にご質問が生じた場合など「運転会のときに聞こう」とお考えになられた際には、可能な限り、運転会以前に、Facebook・Messengerにて、ご質問・ご連絡頂けますと助かります。
高田主催の運転会では、運転会当日も、色々と段取りや、次にやる事などの準備もあり、なかなか、充分に、対応させて頂くことが、できない場合がございます。
時には、お答えするのに、お待たせしてしまうこともございまして、本当に、申し訳なく存じます。
しかし、事前にご連絡(早くご連絡)いただければ、その分、早期に解決でき、更に疑問が生じた場合などでも、進捗が早くなります。
また、状況に応じて、説明不足などの点を、運転会の際に、更に詳しくご説明することも、可能となり、時間を有効活用できます。
もちろん、運転会の際に、思いついた場合には、その場で、ご質問賜りまして、大丈夫です。